イラストレーター・パオの漫画デビュー作『まどろみバーメイド』実写化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ムックや雑誌の表紙など幅広くイラストを手がけ、12星座をモチーフに下着をデザインしたイラスト「12星座ブラ」は2017年に商品化もされた人気イラストレーター・早川パオ氏の漫画家デビュー作品『まどろみバーメイド』(芳文社『週刊漫画TIMES』にて不定期連載中)が、テレビ大阪制作で連続ドラマ化されることが明らかになった。 

【画像】原作コミック書影

 女性バーテンダー“バーメイド”たちとカクテルの世界を描いた作品。ドラマは、『まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~』のタイトルで、テレビ大阪やBSテレ東/BSテレ東4Kの土曜深夜「真夜中ドラマ」枠で放送される。

 主演は、映画『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』に出演し、数々の新人賞を受賞し、出演映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)が待機している、木竜麻生(きりゅう・まい)。さらに、連続テレビ小説『まんぷく』、ドラマ10『ミストレス〜女たちの秘密〜』(ともにNHK)などに出演した玄理(ひょんり)、雑誌『vivi』専属モデルで、映画『好きっていいなよ』、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(6月28日公開)などにも出演する八木アリサら、注目の若手女優がバーテンダー役に挑む。

 とある街の一角。月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」がある。この屋台の店主は女性バーテンダー・月川雪(木竜)。雪は夜更かしが苦手でいつも居眠りをしているが、ひとたび注文を受けるとその眼差しは一変し、客の特徴、気候などを考慮して客がもっとも求めている味を提供する天才バーテンダーだ。

 バーにはさまざまな客が訪れ、それぞれの悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。そして雪自身も、同居する2人の先輩バーテンダーとの出会いや、過去も含めて物語が動き出す。

 雪と同居しているのは、高級ホテルのバー勤務の伊吹騎帆(いぶき・きほ/玄理)と、派手なパフォーマンスを得意とするフレアバーテンダーの陽乃崎日代子(ひのさき・ひよこ/八木)。個性豊かで魅力的な3人が、一つ屋根の下でバーテンダーとしても、人としても成長していく様子も描く。

 原作者のパオ氏は「ドラマ化です! 作者がテレビ好きでよく見るのもあり、自分の作ったキャラクターたちを俳優さんたちに演じて頂くのをとても光栄に感じています。ドラマ版ではドラマだけのお客さんも登場するそうで、木竜さん演じる雪が新たな客とどのようなやり取りをするのか、またスタッフさんたちによって作り上げられる映像がどんな風になるのか、一視聴者として楽しみにしています。あと豚のバンブーも出る〜やった〜」とコメント。

 雪・騎帆・日代子と同居するペット・バンブー役で登場するのは、日本初のマイクロブタファーム「mipig」で生まれ、同カフェで暮らしている、プリンスくん(2018年12月生まれ)。人の膝の上でのんびりすることが大好きで、ちょっとおっとりな男の子のマイクロブタにも注目だ。

 もちろん、ワケありな客として登場するゲストキャストやストーリーの重要な役割の一つ、カクテルの豆知識も見どころとなっている。

 岡本宏毅プロデューサー(テレビ大阪)は「番組を見た方が、こんな屋台があったらいいな、カクテルが飲みたくなったと感じていただけると幸いです。テレビ東京の十八番である“飯テロ番組”に続く、“酒テロ”番組のような存在になれればと思います」と意気込みを語っている。

■月川雪(つきかわゆき)役・木竜麻生のコメント

 バーテンダーという難しい役柄をやらせていただくことになり、今まで知らなかったカクテルやバーテンダーの魅力に触れています。まだ探り探りではありますが、監督・スタッフ・キャスト・ご協力いただいている皆さんと良いものにしていけたらと思っています。

■放送情報
テレビ大阪:7月13日スタート、毎週土曜 深0:56~1:26
BSテレ東:7月13日スタート、毎週土曜 深0:00~0:30
BSテレ東4K:7月13日スタート、毎週土曜 深0:00~0:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事