岡田准一、観客の悩み相談に変顔&モノマネでフザケまくり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岡田准一(38)が13日放送の映画『ザ・ファブル』(21日公開)のスペシャルトークイベントに出席した。イベントでは究極のミッションバトル“プロとしてスカッとクリアせよ!究極のミッション2番勝負!”と題して、共演の木村文乃(31)、山本美月(27)とともに映画3択クイズと観客からの悩み相談への回答に挑戦。劇中ではどんな相手も6秒以内に殺す…“ファブル(寓話)”と呼ばれる伝説の殺し屋を演じる岡田だが、質問者の悩みにモノマネや変顔でフザケまくるというお茶目な素顔でその場を盛り上げた。

【写真】劇中のお笑い芸人のネタを披露した山本美月&木村文乃

 作品内では「もともとコメディー出身なので…出身というとおかしいですけど、宮藤(官九郎)さんの作品とか。真面目にやればやるほど面白い役なので、そのへんを意識したり、監督もコメディー要素を強くしたいとのことでリアクションを大きくした」とぶっとんだ演技に全力投球したという岡田。

 子共たちの前でピアノ演奏する際に、緊張して間違えてしまう保育を学ぶ学生の悩みには「子どもたちと遊ぶ気持ちで完璧を目指そうとしなければいいんじゃないですか。困ったら『ミ』と『ソ』の音で変な顔をすればいい。やってみますか?」とドレミの音に合わせて変顔を披露。

 さらに、新しく職場に来たポーカーフェイスの人への扱いを聞かれた岡田は「興味を持ってるというなんか理解者になったほうがいい。ここがすごいんだなってたまに伝えるとか」と真面目なアドバイスをしつつ“真面目じゃない”回答を質問者から求められると「モノマネとかしましょう」と大胆に意見。その人が40代と聞くと「じゃあ中森明菜さんでいきましょう。すごい小さな声でしゃべってください」となぜか、中森の小声を再現して「そのうち、ツッコんでくれますから」と自信満々。

 最後に「お笑いが好きな人に面白く告白したい」という質問者には「本気で伝えますけど、真面目に告白したほうがいい。お笑い入れちゃうとごまかしてるのかなと思われちゃう。茶化すのもね」と真剣に訴えたかと思えば、質問者から「せっかくなら面白く言いたい」と食い下がられると「好きを変に言うしかない。『私、あなたのこと『す~き~』みたいな』」と、おもしろ顔とポーズで実演。その瞬間にカメラのシャッター音が響くと「今の使われてたらアレだな~」と困惑したフリをしながら『す~き~』を連発してすっかりノリノリだった。

 結果、一番スカッとした回答として全員から選ばれた岡田は「独走状態です」と歓喜し、原作者の直筆イラストをプレゼントとして贈呈された。一方、罰ゲームとして、劇中に登場するすべり芸人・ジャッカル富岡(宮川大輔)の持ちネタを再現することとなった山本と木村も照れながらも身体を張って笑いを誘い、岡田は「全然違うものでしたけどカワイイです」と2人の全力に感心していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事