キリアン・エムバペ選手、新潟地震でメッセージ「みんなの無事を願いたい」 東京五輪で再来日することも約束
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーフランス代表FWのキリアン・エムバペ選手(20)が19日、都内でメンズスキンケアブランド『バルクオム』のグローバルプロジェクト発表記者会見に参加。18日夜に発生した地震の被災者にメッセージを送った。

【全身ショット】白T白スキニーで爽やかさあふれるキリアン・エムバペ選手

 エムバペ選手は2018年にロシアワールドカップでフランス代表の背番号10を背負い、4得点を挙げて母国を優勝にに導いた。現在はフランス1部リーグのリーグ・アンのパリ・サンジェルマンに所属。今季も33ゴールで得点王に輝き、リーグ・アンの最優秀選手賞も獲得した。今回が初来日となるがエムバペ選手は「コンニチワ~」と日本語であいさつしながら登場すると「初めて来日してうれしいです」と笑顔を見せた。「日本人はとても親切。また日本に来たい。来年のオリンピックで来ると思う」と2020年の東京五輪での“再来日”の約束もしていた。

 また、新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した地震が18日夜に発生。同日に初来日しているエムバペ選手は「きのうの地震の被害に合われた方、みんなの無事を願いたい」と被災者に向けてメッセージを送った。

 質疑応答では日本でやりたいことについて「東京は大都会。いろんなことをやりたい。少しだけ和食を食べた。これから、いろいろ食べたいです。(好きな食べ物は)スシ!」と明かしていた。東京五輪に意気込みをあらためて問われると「オリンピックは夢。ずっと言っていた」と力を込めていた。

 エムバペ選手はバルクオムのグローバルアンバサダーに就任。そしてエムバペ選手が今年からスタートさせた社会貢献プロジェクト「INSPIRED by KM Project」もバルクオムが協力し、生まれ年である1998年にちなんフランスに住む、恵まれない子ども98人をサポートする。さらに、パリSGとバルクオムによるアジア地域におけるスポンサーシップ契約の締結も基本合意となった。

 スキンケアについて問われたエムバペ選手は「男は自信を持つためにキレイな肌を持たなければいけない」と男性にとっても肌のお手入れが必要不可欠とした。ビジュアルは上半身裸のエムバペ選手が力強い目線を向けている。エムバペ選手は「かっこ悪くはないでしょう」と照れながらも「とてもエレガント。満足しています」と口にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事