ロンブー淳、相方・亮の謹慎処分で胸中「嘘をつかれた事がショック」 「軽蔑する!」と叱責も 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が25日、自身のツイッターを更新。詐欺グループの催しに事務所を通さない“闇営業”に参加し、金銭の受領などがあった問題で、当面の間、活動停止の謹慎処分となった相方・田村亮(47)について「実はギャラをもらってましたと…亮から聞かされました…ショックでした…」と、胸中を明かすとともに、自身の思いを伝えた。

【写真】ロンブー・亮、美しい女装姿を披露 美脚も披露

 亮は24日に吉本興業を通じて「特殊詐欺グループの開いた会に、私ロンドンブーツ1号2号田村亮が参加した件で、金銭の受け取りがございました。自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます」と詫び「私を信用してくれていた世間の方々、番組スタッフ、関係者、吉本興業、先輩方、そして淳を裏切ってしまった事は謝っても謝り切れないです」とコメントを発表した。

 相方の謹慎処分を受け淳は、25日にツイッターで「『報告』コンビの相方である田村亮が謹慎することになりました」と記し、書面を添えコメントした。

 書面で淳は「実はギャラをもらってましたと…亮から聞かされました…ショックでした…知らなかったとは言え、詐欺集団のパーティーに出て、被害者から騙し取ったお金で支払われたギャラを受け取っておきながら、返金もせず嘘をついて、このままで平気なのか! おまえを軽蔑する! 世間の皆様、所属事務所、番組のスタッフにも正直に全てを話すべきだ! 怒りに任せて言いました」と、亮とやりとりしたことを報告。

 「自分の保身の為に正直に言えずに苦しんでたのは電話越しにも伝わってきたけれど…騙されてる人達の方が、おまえの何倍も苦しいよ! 昔の正直者で真っ直ぐなところがなくなったらもう亮じゃない!と叱責しました。相方に嘘をつかれた事が本当にショックでした」と胸中をつづった。

 最後は「今回、遅くなりましたが、金銭の授受を認めて謹慎する事になりました…皆様、どうか亮に厳しい目を向けて下さい! 反省してるかどうか? 行動、言動、全てに厳しい目を向けて下さい。僕も誰よりも厳しい目を向けたいと思います」と呼びかけ「最後の1人になっても厳しい目を向け続けたいと思います。そして、しっかりと反省した亮とまたコンビの活動を続けられたらと思います。ロンドンブーツ1号2号田村淳」と結んだ。

 24日には、亮のほか、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、レイザーラモンHG(住谷正樹 43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、ザ・パンチ・パンチ浜崎(38)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、2700・八十島宏行(35)、2700・常道裕史(36)、ストロベビー・ディエゴ(41)が活動停止・謹慎処分となった。

 吉本芸人のほかにも、ワタナベエンターテインメントは、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力が主催する会合へ参加したことが報じられていた、お笑いコンビ・ザブングル 松尾陽介(42)と加藤歩(44)を当面の間、謹慎処分とすると発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事