小島慶子、豪州移住生活の苦悩に涙… 2人の息子も初めてテレビに思い吐露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元TBSアナウンサーで現在はコメンテーター、エッセイストの小島慶子が、27日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)に出演。5年前から暮らすオーストラリアでの移住生活の苦悩と真相について、涙で語り尽くす。

【場面ショット】海外に移住した小島慶子の生活ぶりに迫る

 小島は自身が3歳まで過ごしたオーストラリア・パースに夫と2人の息子たちと共に移住。まずはベッドルームが4つ、リビングルームが2つ、さらにダイニング、キッチン、ランドリールームを備えた自宅を、長男が撮影するカメラの前で小島本人がリポート。現地では平均的な物件だというが、気になる家賃は一体いくらなのか? また今回番組は、小島の家族全員を取材。2人の息子たちが母と正面から向き合い、移住を聞かされた際の気持ち、現在の生活、そして将来のビジョンをテレビカメラの前で初めて語る。

 さらに、実は不安だらけだった海外移住について、今回夫婦2人が初めて互いに胸中を告白。テレビディレクターの仕事に疑問をもち会社を退職、現在は無職で家事全般を担当している夫は、仕事を辞め海外に移住した当初から現在までの生活について「今でもずっと落ち込んでいる。もう毎日半泣き」と初めて妻に本音を明かす。

 そして、日本とオーストラリアを往復しながら仕事をこなし、1人で一家を支える小島も、妻として母としてそして一家の「大黒柱」として、プレッシャーに押しつぶされそうになる姿が明らかになる。

 そのほか、元体操選手でロサンゼルする五輪金メダリストの森末慎二も登場。8年前、単身で沖縄県宮古島へ移住し、20畳のゲストルーム、25畳のリビングダイニングを有する、200平米の豪邸の値段は果たして? オーシャンビューの高台に建てられて豪邸だが、唯一の難点は海が近いことから生じる塩害。強烈な潮風で鉄が1週間でさびてしまうため、月に1度は8時間もかけて家を丸洗いしなければならない生活とは?そして、せっかくの大豪邸になぜ家族の姿がないのか?

 小島も森末も、人もうらやむような「移住生活」を送っているかと思いきや、それぞれ悩みや葛藤を抱える生活に追われていた。それでも移住生活を続ける2人のこだわりはいったいどこにあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事