日向坂46、デビュー後初写真集はグループで沖縄旅行 ハッピーオーラ全開&大人の色気も挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年2月に「けやき坂46」から改名したアイドルグループ・日向坂46が、1stグループ写真集(タイトル未定・新潮社)を8月28日に発売することが決定した。坂道シリーズの元気印といわれる彼女たちが、全力で青春した4泊5日の沖縄旅行を撮り下ろし。“ハッピーオーラ”に包まれた写真はもちろん、沖縄の青空の下でのプール撮影や、初のランジェリー撮影にも挑戦するなど、彼女たちが持つ“グループとしての力”が176ページの大ボリュームに存分に発揮された。

【写真集カット】日向坂46が沖縄でハッピーオーラ全開!

 日向坂46は、欅坂46の後輩グループ・けやき坂46(通称ひらがなけやき)として2015年11月に誕生し、翌年5月に12名で活動を開始。18年には1年間で2回の武道館3デイズ公演が即完するなど、人気が急上昇するなかで、今年2月に改名した。3月27日にリリースされた「キュン」は、オリコン週間ランキングでも初登場1位を獲得し、「女性アーティストの1stシングルによる初週売上枚数」歴代1位となるなど、いきなり大ブームに。現在は冠レギュラー2本、今月17日には2ndシングル「ドレミソラシド」を発売するなど、勢いは加速している。

 デビュー後初(※)となる待望の写真集は、今年の春に沖縄で撮影された。スイカ割り、キャンプファイヤー、フェリーに乗って離島へ移動のほか、修学旅行感のある班別行動も満載。リアル中高生メンバーは制服で沖縄の朝をお忍び散歩し、ローカルな商店にメンバーだけで入ってリアル買いするなど「こんな子たちと同級生になりたい!」感がたっぷり詰まっている。

 年上メンバーは、プールを貸し切っての撮影で大はしゃぎ。終了後もプールで遊び続けたメンバーもいたほどの楽しい空気に包まれていたという。さらに、一部メンバーはランジェリー姿も披露。アイドルとしての殻を脱ぎ捨て、素のままで臨めたからこそ撮影できた、無邪気さと色気が同居するランジェリー姿のメンバーたちの表情は必見の価値あり。

 キャプテンの佐々木久美は、撮影場所を聞かされたときから「みんなで沖縄までのカウントダウンをしながら準備をしました! スタッフさん方に『修学旅行のような気持ちで』と言っていただいたので、撮影を忘れて心の底から楽しみました! 4泊5日間楽しかった思い出しかありません」と大充実の撮影を振り返り、「今の私たちの雰囲気がそのまま詰まった写真集になっていると思います」と出来栄えに自信を見せている。

 本作は日向坂46のファン、通称“おひさま”も一緒に沖縄旅行に来た気持ちになるような写真が収録されるが、気持ちだけでなく実際におひさまも写真集に参加できるような企画を考案中。詳細は後日発表される。通常版のほか、カバーの異なるローソン・HMV限定版、楽天限定版も発売予定。この日から本作公式ツイッター【@hinata_group1st】も開設された。

 先輩グループ・欅坂46が昨年11月に発売したグループ写真集『21人の未完成』は、2019年上半期で15万6332部を売り上げる大ヒットで、「オリコン2019年上半期“本”ランキング」の写真集部門で2位にランクイン。日向坂46の写真集にも大きな期待が寄せられる。

(※)けやき坂46時代に渡邉美穂がソロ写真集『陽だまり』を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事