『シン・エヴァ』冒頭公開に日比谷で1300人が歓声 パリ舞台にエッフェル塔が真っ二つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 庵野秀明監督の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4作目となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2020年公開)の冒頭10分40秒間を世界上映する“0706作戦”が6日、実行された。

【動画】新作エヴァ 冒頭映像解禁

 『シン・エヴァ』の最新映像は、そのステージ内で『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版』として上映。2012年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から7年という時間が経過しており、待ちに待ったファンは食い入るように見つめた。上映後、日比谷の会場に集まったファン1300人は大歓声を挙げ、早くも今後の展開の予想合戦が行われた。

 公開された冒頭の舞台は荒廃したパリ。ネルフのユーロ支部の復元作業を開始。すると、すぐにネルフからの襲撃があり、8号機をベースにした機体に乗る真希波・マリ・イラストリアスが応戦した。陽電子砲の発射や、エッフェル塔が真っ二つになるなど激戦を繰り広げて迎撃に成功。ユーロ支部の復元にも成功し、2号機や8号機のパーツ回収をする指示が出されていた。最後はマリの「待ってろよ、ワンコくん」のせりふで締めくくられた。

 歌手・高橋洋子が出演する仏・パリ『JAPAN EXPO』のステージ『Yoko TAKAHASHI×EVANGELION STAGE』の模様を札幌、東京2ヶ所、名古屋、大阪、博多の5都市6会場で午後8時15分(日本時間)で生中継された。現地のゲストとして碇シンジの声を務める声優の緒方恵美も登場し、トークイベントも開催された。

 来年公開の同作で物語の終わりを迎える緒方は「実際に最後となると少しさみしい」と本音をぽろり。庵野監督から「シンジだったら、この結末とこの結末、どっちを選びますか?」と助言も求められたそう。「24年間の中で初めて」と振り返り「一つひとつ丹念に作っている」と製作にかける思いを代弁した。

 同作について緒方は「終わる終わる詐欺みたいに、ずっとやってきたんですけど、本当に終わるようです(笑)」と話し、庵野監督のビデオメッセージがあることを告げた。メッセージで庵野監督はパリが好きであることを告白し「できれば映画の舞台にしたいと思っていた」と秘話を語っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事