劇場版『ジオウ』新映像でウォズが「祝え!」3連発 DA PUMP新曲と軽快にコラボ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)。平成仮面ライダー最終作として、レジェンドキャストも登場し話題をさらっている同作の劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』(7月26日公開)のさらなる新映像が14日、公開となった。今回はウォズがフューチャリングされ、まさかの「祝え!」3連発を披露している。

【新映像】DA PUMP新曲に合わせて「祝え!」3連発のウォズ

 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つ常磐ソウゴ(奥野壮)は、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。今回の劇場版は“本当の最終回”というべき内容となっている。

 公開された新映像は主題歌を担当し、ゲスト出演も果たしたDA PUMPが歌う新曲「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」をバックにウォズが自らを象徴するといっても過言ではないセリフ「祝え!」をまさかの3連発。「時空を超える、大冒険を!」「真の最終回を!」「王の誕生を!」とそれぞれ続く3つの「祝え!」で、戦国時代へとタイムトラベルする時空を超えた壮大なストーリー、『仮面ライダージオウ』の集大成としての本作、そして仮面ライダージオウ オーマフォームという劇場版オリジナルフォームにして新たなる王の誕生が表現されている。最後には仮面ライダーグランドジオウと仮面ライダーバールクスの激突が。いかに激しい戦いが展開されるかを想像させる映像となった。

 また、同時上映される同時公開される『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の追加ゲストキャストとして『侍戦隊シンケンジャー』(2009年)で、花織ことは/シンケンイエローを演じた森田涼花の出演が発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事