宇垣美里、エプロン姿で手料理実演 得意料理は「汁無し坦々麺」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリーアナウンサーの宇垣美里(28)が16日、都内で行われた『下味冷凍食堂 by Ziploc』発表会に登壇。エプロン姿で手料理を披露した。

【動画】宇垣美里、イベント進行にチクリ「ゴタゴタを時短できた」

 1日に1食は自分で料理をするという宇垣は「無心になって作れるので料理が好きなんです。ひとり暮らしなので、3日間くらい同じ料理が続いちゃうこともあるんですけど」とし、得意料理を聞かれると「汁無し坦々麺です」と明かした。

 料理がストレス発散になると言い「ぷよぷよとかテトリスに近い感覚なんですけど、空いた時間にお湯を沸かしたり、お皿を洗ったり、この瞬間に野菜を入れたりとかを頭の中で組み立てるのが好き。なんの無駄もなく、出来上がると充足感がある。クリアした感じ」とニッコリ。時短でやりたいことは「本が読みたい。最近は時間がとれなくて、1週間に1、2冊しか読めてないので、もうちょっと読みたいです」と答えていた。

 この日は会場のキャパ以上の報道陣が集まり、予定の進行時間よりも大幅に遅れるトラブルが。イベントにあわせ“冷凍”したい出来事を囲み取材で聞かれると「きょうの(進行を)どうするかのゴタゴタする時間を時短できたと思います」と笑顔ながらチクリと釘をさすと、会場からも笑いが起こっていた。

 同食堂は、旭化成ホームプロダクツが始動した生活にゆとりを産むノウハウや情報を提供する「ゆとりうむプロジェクト」の第一弾。来場者がその場でおいしく、簡単な下味冷凍のレシピを自ら調理し、主菜材料費原価の200円でランチを食べられる体験型イベント。東京・Kitchen Studio SUIBAにて17、18の両日、開催される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事