佐藤健、ドラクエアニメに自信 ビアンカ派もフローラ派も「満足できる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の佐藤健が16日、都内で人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズ初の3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開)の完成報告会見に参加した。

【写真】背中が大胆に透けたシースルーの衣装で登場した有村架純

 同作は1992年に発表された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が原案。勇敢な主人公・リュカ役は佐藤、リュカの運命の相手となる2人の女性・ビアンカ役は有村架純、フローラ役は波瑠が務める。また、いたずら好きな王子・ヘンリー役を坂口健太郎、リュカの父・パパス役を山田孝之、パパスの従者のサンチョをケンドーコバヤシが担当する。

 冒頭のあいさつで佐藤が「こんなに大役を務めさせていただき光栄に思っています」と感謝。続けて大人気シリーズで、アニメ化を望まない人も一定数いることを認識していることを明かし「その気持ちは痛いほどわかる」と話す。ただ、「ドラゴンクエストとの大切な思い出を持っている人にこそ見てほしい映画」とし、「世間の空気を『ゲームをやった人は見なきゃいけない』という空気に変えなきゃいけない」と宣言していた。

 思い出はプロポーズのシーン。「難しいシーンだった。そのシーンを見たときはエモかったですね」と思い返した。ただ、会見は両サイドに有村と波瑠がいる状況で「ここに挟まれるのは酷」と苦笑い。それでも「ビアンカが好きな人でも、フローラが好きな人でも満足できる結末って存在しないと思っていたんですけど存在しました」と笑顔を見せていた。

 また、男性キャストはゲームでビアンカとフローラのどちらを選んだかについての質問が。坂口は「僕はフローラ派でした。こんなに少数派とは思わなかった…」と明かすと、ケンコバは「えぇ! 信じられない」と絶句。そのケンコバは「僕はビアンカやった。今、実際の波瑠さん、有村さんを見たら卑怯な手を使って両方とうまく行きたい」と下心丸出しで口にした。

 ビアンカしか選んだことがないという山田だが「一途みたいなのが嫌。今からうそをつきます。村を行ったり来たりします。最後まで決められなかった」とテキトー発言をして笑わせた。最後は佐藤が「ゲーム的にはフローラを選んだ方がいい」としつつも「僕はビアンカを選びました」と王道意見を口に。「無垢な少年だったのでナチュラルにビアンカを選びました」と笑顔で語っていた。

 会見には、そのほか、原作・監修の堀井雄二氏、音楽のすぎやまこういち氏、総監督・脚本の山崎貴氏、八木竜一監督、花房真監督も参加した。シリーズ生みの親である堀井氏は「Vは1番、思い入れのある作品」と明かし、実際に作品を見た感想について「素晴らしいです」と力強く語った。未だに意見が割れ続けるビアンカ、フローラのどちらを花嫁にするか、という問題については「楽しみにしてください」と含みを持たせる笑みを浮かべた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事