三浦春馬主演『TWO WEEKS』初回8.4%スタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の三浦春馬が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『TWO WEEKS』(毎週火曜 後9:00)第1話が16日放送され、初回平均視聴率が8.4%だったことがわかった。初回は15分拡大で放送された(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】三浦春馬シングル「Fight for your heart」ジャケット

 同ドラマは、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。結城を追う新米検事・月島楓役として芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演。三浦が初の父親役に挑戦する。

 第1話では人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしていた主人公・結城が、かつて心の底から愛していながら、別れてしまった青柳すみれと再会することから始まる。すみれは、結城との間にできた娘を産み、8歳になるその子が白血病であることを告げられる。

 幸運にもドナーに適合した結城だが、その矢先、ある事件に巻き込まれ、逮捕されてしまう。このままでは2週間後に予定されている骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため、逃亡者に身を投じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事