矢井田瞳、20周年ロードの皮切りはロックフェス 『高槻魂!!』で新作お披露目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来年デビュー20周年を迎える矢井田瞳が14日、大阪・高槻市で開かれた無料ロックフェス『高槻魂!!』に急遽出演した。20周年ロードの皮切りとなるステージで新曲「いつまでも続くブルー」をはじめ、ヒット曲のセルフカバー4曲を含む計5曲を熱唱。あいにくの梅雨空にも関わらず、駆け付けた延べ1万7千人を超える観衆を沸かせた。

【動画】セルフカバー「My Sweet Darlin’」の最新ミュージックビデオ

 新yaikoバンドはアコギギターデュオtakatakaを従えての新編成で、この場がお披露目となる。1曲目の「Ring My bell」やデビュー曲の「How?」もアコースティックギター3本のアレンジだからか、新曲のように響いた。「新しいことにどんどんチャレンジしたいと思った。このスタイルでのライブもそう。出来立てホヤホヤの新曲をここ、高槻魂!!で世界一、いや宇宙一早く皆さんに聞いていただきます」とyaiko。自ら「私の活動史上いちばん爽やかかも」という「いつまでも続くブルー」の歌声が、梅雨空にしっとりと溶け込んでいった。

 ラストの「My Sweet Darlin’」がステージのハイライト。観客を巻き込む「ダリ、ダリン」の大合唱で締めくくった。20周年ロードは始まったばかりだ。8月14日には3年半ぶりの新作『Beginning』のリリースを控えるが、今後さらに規模の大きい夏フェスへの出演も予定されている。

<セットリスト>
01 Ring my bell
02 How?
03 いつまでも続くブルー
04 Over The Distance
05 My Sweet Darlin’

ミニアルバム『Beginning』8月14日発売
1.tいつまでも続くブルー
2.tMy Sweet Darlin’
3.tHow?
4.tLife’s like a love song

7月24日「How?」オリコンミュージックストア独占先行配信

<イベント出演/yaiko×takataka>
8月12日(月・祝)SUMMER OF LOVE~愛と平和の3日間(大阪・万博記念公園)
9月29日(日)Happy and Fun Music Festival(大阪・味園ユニバース)

高槻魂!!(たかつきだましい)/2014年に大阪・高槻市で始まった、今年で6回目を迎える無料野外ロックフェスティバル。城址公園や市民グランドを経て、ここ3年は高槻市立桃園小学校グランドで開催されている。1万人を超える観客で賑わう盛況ぶりで、今年は22組のアーティストが出演、延べ17,704人を動員した。実行委員の出口英直さんは「昨年からは、18年6月に発生した大阪府北部地震を受けまして、地元高槻市の防災に対する取り組みを強化しました。そんなチャリティーでハンドメイドな地元直撃型ロックフェスです」と話す。オークションや防災クイズなどで募金を集い、防災支援として学校などに防災器具などの寄贈を行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事