THE RAMPAGE“武者修行スタート地”でのイベントに感慨「当時を思い出した」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 16人組ダンス&ボーカルグループ THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが17日、東京・後楽園のラクーア ガーデンステージで行われた『アイスボックス30周年記念イベント』に参加。思い出の地でのイベントに感慨深げだった。

【動画】CM撮影秘話を語るTHE RAMPAGE

 同地はRAMPAGEの正式メンバーを選ぶ“武者修行”の出発地点だった。この日は、きのうまでのぐずついた天候から一転し、太陽の日差しが出て、熱い夏を予感させる気温にもなった。夏の思い出を問われた山本彰吾は「2014年に武者修行をさせていただいた。初舞台はここ。ここのステージで初めてRAMPAGE16人で活動をスタートさせた。すごくメモリアルな場所。メンバーも後ろにいるときに『なんか緊張する』と。あの当時を思い出しましたね」と振り返った。陣は「原点。ここでスタートした。こうして戻ってきて、30周年のイベントに参加できて、ありがたく思っています」と『アイスボックス』、そして森永製菓に感謝した。

 また、この日は「冷たいキス」で知られる歌手のICE BOXが『アイスボックス』30周年のために再結成となった。囲み取材では川村壱馬は「ほかの事務所の大先輩と直接的に関わらせて機会はなかなかない。空気感も勉強させていただいた。自分たちにとって、ありがたいこと。まだまだこれから頑張っていかないといけないグループなので、そういう方と仕事ができるのはうれしいです」と決意表明。

 吉野北人は「僕たちにとっては大先輩にあたるアーティストさん。こうやってご一緒させていただけて、ご縁を感じる。これをきっかけに自分たちにないものを取り入れていきたいです」と自分たちが生まれる前に一世を風靡(ふうび)したアーティストとの共演を振り返った。RIKUは「僕らのかたちもありますが、先輩方の姿を見てエンターテイメントのあり方を、いろんな角度から吸収して今後に繋げていきたい」と力強く語った。

 この日は同グループの新曲「SUMMER DAYS」を使ったダンスコンテストの表彰式も行われ、優勝チームにはRAMPAGEから盾が贈られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事