横澤夏子『天使なんかじゃない』に憧れ生徒会長を経験「本当は副会長がよかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑い芸人の横澤夏子が18日、東京・新宿タカシマヤで開催される『特別展 りぼん 250万りぼんっ子▼(ハート)大増刊号』セレモニーに登壇した。1955年に創刊され、“乙女のバイブル”をうたう少女漫画雑誌として親しまれてきた『りぼん』。愛読者だった横澤もその影響をおおいに受けたそうで、「少女漫画の主人公になりきって人生を歩んでました。『天使なんかじゃない』(矢沢あい著)は生徒会の物語で、それに憧れて会長になったりした」と思い出を語った。

【写真】原画やグッズがズラリ!『特別展 りぼん』の展示物を一部公開

 同展覧会では、1993年末に最高発行部数255万部を記録するなど日本の少女たちを夢中にさせた当時の人気漫画家11人、16作品の名シーン原画120点を公開。当時のふろくやグッズなども集合している。すでに内覧済みの横澤は「時間が足りなかった。30分くらい見させてもらったんですけど、歩けば歩くほど『懐かしい!』『すご~い』みたいな感じで全然先に進めなかった。見れば見るほど涙が出る展示会は初めて。心が洗われて…最高でした。もう一回くらい巡りたい」と早口で大興奮。

 『天使なんかじゃない』では主人公・翠が生徒会副会長だったことから、自身も中学時代に生徒会へ。「本当は副会長になりたかったんですけど、なんかやっぱりのし上がりたかったのかな? 高校では満を持して副会長でした。一緒だなと思いました。翠に憧れてました」と回想。ほかにも好きな漫画は『ママレード・ボーイ』(吉住渉著)を挙げ、「こんなにキュンキュンすることあるんだって。クローゼットの中のキスがいいんですよ…」と熱弁した。

 好きなキャラクターはヒロインの恋の相手・遊だそうで「なんかちょっとツンデレな感じでクールだけど優しくて…、ちょっとグイッとくる感じもたまらなくて大好き」とうっとり。しかし自身の夫とは「全然似てません」と言い放ち、「何回見直しても悲しいほど…。やっぱり理想と現実って違う。私の旦那は私のことをずっと好きでいてくれる地元の友達みたいなタイプ」と少女漫画のキャラクターになぞらえて紹介していた。28日まで開催。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事