板尾創路、月9撮影現場で“130”センチ誕生ケーキ登場「配管みたいやな」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の板尾創路が、出演するフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』の撮影現場でスタッフ・キャストから56歳の誕生日をサプライズで祝福された。以前、ドーナツプレート(風間俊介)、焼きそばプレート(中尾明慶)、カツプレート(森本慎太郎)など個性的なプレートで誕生日をお祝いしてきた同ドラマスタッフが今回用意したのは、130センチのロールケーキ。板尾とほんこんによるお笑いコンビ・130Rにかけたもので、予想の斜め上を行くバースデーケーキにスタッフ・キャスト一同からは爆笑が巻き起こった。

【写真】『3A』出演の三船海斗が月9初出演

 主人公・朝顔(上野樹里)の同僚でベテラン法医学者の藤堂を演じている板尾。この日は、朝顔、父で刑事の平(時任三郎)、アルバイトの医学部生・安岡光子(志田未来)、検査技師の高橋涼介(中尾明慶)、平の同僚の刑事・岡島浩司(斉藤陽一郎)、藤堂の妻で法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)、検視官の伊東純(三宅弘城)が法医学教室にそろい、とある事件を話し合うシーンを撮影。

 演出の平野眞氏とキャストが撮影前のリハーサルをおこなった後、「7月18日は板尾創路さんの誕生日です!」というスタッフの掛け声とともに、バースデーケーキが登場。法医学教室の奥から、ストレッチャーに乗せて運ばれてきた長過ぎるロールケーキにはズラリと横に並べられたローソクが…。

 ストレッチャーをスライドさせながら器用に火を吹き消した板尾は「本当にありがとうございます。ですが…火が消えると地味ですね。配管みたいやな(笑)」とツッコミつつも感謝。キャストとともに記念撮影を行い、笑顔の絶えない祝福のひとときとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事