急性咽頭炎の市川海老蔵、19日公演から舞台復帰「ご心配をおかけし本当にすみませんでした」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 急性咽頭炎のため歌舞伎座の舞台『七月大歌舞伎』を15日から休演していた歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が、あす19日公演から舞台復帰することが決まった。18日に松竹 歌舞伎座から発表された。

【写真】父・團十郎と…『外郎売』で貴甘坊を演じた海老蔵(当時新之助)

 歌舞伎座の『七月大歌舞伎』昼の部「素襖落」(すおうおとし)の太郎冠者(たろうかじゃ)、「外郎売」(ういろううり)の外郎売実は曽我五郎(ういろううりじつはそがのごろう)、夜の部『星合世十三團』(ほしあわせじゅうさんだん)に出演予定だった海老蔵は、15日夜の部より舞台を休演。

 この日の書面では、医師、本人、松竹ともに協議し、あす19日公演より舞台復帰し、昼の部、夜の部とも通常通りの配役で上演すると発表。「皆様には、多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしましたこと、お詫び申し上げます」としている。

 海老蔵は15日、自身のブログで15日夜の部の休演を報告さいた際に「すみません。声が出なくなりました。休演です。申し訳ない、本当にすみません。声を大にして謝りたいです。が、その声が出なくなりました」と報告し謝罪。

 きょう18日には「明日から復帰させていただきます」と報告。「多大なるご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。そして沢山のご心配をおかけし、本当にすみませんでした」と詫び「明日からよろしくお願い申し上げます」とメッセージしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事