高良健吾、ストーカー役を絶賛され「複雑なんですよね…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の高良健吾が19日、都内で行われた映画『アンダー・ユア・ベッド』の初日舞台あいさつに出席した。

【集合ショット】キャスト陣と監督が笑顔で登壇

 大石圭氏の同名小説を映画化した同作は、他人から存在を無視されてきた男が、愛する女性をのぞき見し続けるというゆがんだ形で、悲惨な境遇にある彼女を救おうとする様を描く。

 愛する女性をベッドの下でのぞき見し続ける主人公という異色の役どころ。公開前から注目が集まっており、高良も「人からの反応が今まで以上、ここ最近だと一番ある。『楽しみだよ』と言って頂けたり、『役柄が合うよね』とも…」とポツリ。絶賛の声を素直に受け止めつつ「複雑なんですよね。“ストーカー役が似合う”ってどういうことなのかな…」と本音を漏らして、笑わせていた。

 舞台あいさつにはそのほか、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔、安里麻里監督が出席。撮影秘話に話題が及ぶと、西川は「撮影では、高良さんは出ずっぱりで、ほぼ休みがない。でも(ロケ地の)いわき市にある『ハワイアンズ』に行ったとき、温泉でゆっくり疲れをとるのかなって思ってたけど、すぐに水着を買っていた。オフも全力で楽しまれる方なんだなと思いました」と暴露。照れ笑いを浮かべた高良は「最高でしたね~」と上機嫌に振り返っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事