宮迫博之、芸能界引退は否定 謝罪会見を再三要求も吉本が拒否と主張【会見2】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 反社会的勢力との闇営業問題できのう19日に吉本興業と契約解消となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中だったロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が20日、都内で会見。宮迫は詐欺被害者らに対し涙ながらに謝罪したうえで、一部で報道されていた引退の可能性を否定した。

【写真】深々と頭を下げ謝罪する宮迫博之、田村亮

 会見では宮迫から、『FRIDAY』の報道から謹慎、吉本との契約解消に至るまでの詳細が説明された。当初はギャラについて“お車代”程度だろうと高をくくり、入江慎也氏にも金銭授受はなかったと説明するよう指示していたとのこと。しかし報道後、100万円のギャラがあったことを把握した宮迫は「それはもう会社に言わなあかんと、会社に行きました」と吉本に金銭の受け取りを報告。

 その際の吉本の対応については「静観でいきましょうと言われました」といい、「それに僕たちも納得してしまいました。でもその後、1日2日経っていくうちに、世の中はさらに大きな問題になっていきました。そのなかで、詐欺被害者の方から奪い取った金をもらったのではないかと思い、情けなく自分が許せなくなり、なんどか吉本社員に、大丈夫か、会見を開いて言ったほうがいいのではないかと言ったが、会社としては静観ですと言われた」と明かした。

 6月24日に謹慎が発表された際のやりとりについても「会社に急きょよばれ、(闇営業に関わった芸人)全員謹慎ですと告げられました。僕自身は謹慎は当然だと思いましたが、僕と後輩たちの罪はまるで違います」と振り返り、「亮くんは『記者会見をやらせて下さい、事実を伝えさせて下さい』と声をあげましたが、だめだと言われました。記者会見をさせるつもりはないと断言されました」と会社側に拒否されたことを告白した。

 さらに同社の岡本社長からは「お前たちテープ回してないだろうな。亮、お前辞めて一人で会見してもええわ。やってもいいけど、連帯責任で全員クビにするからなと。それでもいいなら会見してもいい」と圧力があったことも明かされた。

 「その後、もう一度会社に、引退してでも記者会見をやらせてくれと連絡しました。何度もしました。それから、7月7日、僕のマンションまで吉本の一人が来ました。『引退するなんて言わないで下さい。話をしましょう』と。そして7月8日に僕と亮くんが行き、僕が全責任を負い、引退するんで、引退会見でもいいので謝罪をさせてくれと、岡本社長に嘆願しました」との流れに。しかし、「僕らは一日でも早く会見をやらせてくださいと言いましたが、日にちはこちらで決める、こちらの権限だと一点張りでした」と説明。有耶無耶にされるのではないかと思った宮迫と亮は自ら弁護士を立てて、会見実施に向け交渉を始め、近日中の開催にめどが立ちつつあったという。

 しかし2日前、「僕たちの弁護士のところに、僕と亮くん2人の引退会見、もしくは契約解消を選んでくださいという書面が来ました。意味がわかりませんでした」と不信感を露わに。「引退ということもなく謝罪会見ができると思っていた僕たちはどうしたらいいかわかりませんでした」と言い、岡本社長との面会を望んだものの、かなわず契約解消の道を選び、この日の会見に至ったという。

 その後、記者から引退の可能性について再度問われた宮迫は「僕は18(歳)から30年間この世界のことしかやってない、この世界でしか学んでない。僕の能力で役に立てることが、何年先になるかわかりませんが、いつかできるのではという思いがあるので、今は引退ということは考えられません」ときっぱり否定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事