星野源、高畑充希の投げたまんじゅう両目にヒット「まんじゅうって痛いんですね…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優でシンガー・ソングライターの星野源(38)と高畑充希(27)が23日、都内で行われた映画『引っ越し大名!』(8月30日公開)完成披露試写会に登壇。撮影時のエピソードを振り返った高畑は「源さんにおまんじゅうを投げるシーンがあるんですけど、1回目右目にヒットして、2回目は左目に当たっちゃったんです」と話し、星野が体当たりで役に挑んだことを明かした。

【動画】撮影エピソードを明かした星野源&高畑充希

 このエピソードに星野は「気を使われるよりも、当ててほしいんですよね。でもまさか両目にくるとは思わなかったです」と全力でぶつかってきた高畑をフォロー。しかし「まんじゅうって痛いんですね…」と撮影時を回想した。

 高畑は役作りについて「源さんより、実際は10歳くらい下なんですけど役では子持ちのバツイチなので、姉さん感が出るように気持ちで負けないようにしました」と説明。時代劇はこれまであまり経験がなく「(高橋)一生さんの体の動きが美しくて、見とれる前に勉強しなきゃとなりましたね」と話していた。

 最近あった無茶振りを聞かれた星野は「(大河ドラマの)いだてんで、オリンピックを東京に招致して英語が堪能な役なんですけど、もともと『Thank you』だけだったシーンが、台本では英語で8行くらいの長文になったんですよ」と明かし「僕は英語しゃべれないので、頑張って覚えたんですけど、前日にその半分になっていて、せっかく覚えたのにきつかったですね」と裏話を語った。

 この日は、高橋一生(38)、及川光博(49)、小澤征悦(45)、正名僕蔵(48)、飯尾和樹(50)、犬童一心監督(59)も出席した。

  物語は、生涯に7回もの国替えを命じられ“引っ越し大名”のあだ名がつけられた松平直矩(及川)がモデル。姫路藩書庫番の片桐春之介(星野)は、書庫にこもりきりの引きこもり侍。あるとき、直矩は豊後(大分県)の日田に国替えを命じられる。“本ばかり読んでいるから引っ越しの知識があるだろう”と引っ越し奉行に任じられた春之介。幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋)、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑)の助けを借りながら、1万人の引っ越しを担う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事