SKE48、11周年の変革期に新境地 総選挙のない6月には「ホッ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・SKE48が、令和1発目となる25thシングル「FRUSTRATION」をきょう24日にリリースした。2008年7月31日に結成され、まもなく11周年。3月には運営会社が変わる変革期を迎え、2009年から10年連続で開催された『AKB48選抜総選挙』がない6月を過ごした。第1回総選挙19位から徐々に順位を上げ、昨年の世界選抜総選挙で1位に上り詰めた松井珠理奈をはじめ、メンバーは何を思って過ごしていたのかを聞いた。

【動画】SKE48がパリピに!? 「FRUSTRATION」MV

■5期生・古畑奈和のセンターがSKE48全体の刺激に

――SKE48の今年初、令和1発目シングルは、8年目、5期生の古畑奈和さんが初のセンターに選ばれました。

【古畑奈和/5期生】SKE48に入るときからずっと、センターになりたいと思って入ってきたので、それをかなえられたことはめちゃくちゃうれしいです。なれるという自信はなかったですけど、なりたいという気持ちは強かったので、「頑張ろう」と気が引き締まった感じですね。

――SKE48のセンターは1期生か若手かのイメージだったので、中堅がセンターに指名されたのは意外に思いました。8年間センターになりたいという気持ちに変わりはなかった?

【古畑奈和】途中途中では後輩を支えていこうかなとか、もっと違うところに視野を向けてみようかなとかも思ったことはありますし、実際口にしたこともあるんですけど、その中でもファンの皆様があきらめなかったというのが強くて。握手会とかブログとかでも、私が口にすることが減ったときには、ファンの皆様が『絶対になおちゃんをセンターにするから』って言ってくださって、私もモチベーションを保つことができましたし、「ああそうだな、これが私の夢で、この夢を大事に入ってきたんだよな」というのを思い出させてくれたので、あきらめるというのはなかったですね。

――高柳さんは『私も!』というような意欲は?

【高柳明音/2期生】うーん…、なれたらうれしいですけど、自分の場所を大切にしたい。チーム曲ではセンターで歌わせていただくことはあって、それは素直に受け止めてうれしさもあるんですよね。今回はいつもよりちょっと前にいられるので、うれしい気持ちはあります。センターがうまく生きるパフォーマンスをしたいし、やりがいのある場所だと思います。

――このタイミングで古畑さんがセンターをやる意義はどう思われますか?

【古畑】自分ではわからないんですけど、運営会社が変わって、新しく変わっていこうとか、挑戦という意味では向いているというか、そういう意味なのかなと思います。理由は聞いていないんですけど、もしそういう理由だったとしてもうれしいですし、自分の中ではこのタイミングだったからというよりも今まで私を支えてくださった方との積み上げでなれたものだと私のなかでは思えているので、そこの自信は失わないようにしたいです。

【松井珠理奈/1期生】今回、なおちゃんがセンターになったことによって、中堅と呼ばれている子たちも希望が持てるというか、自分たちもまだあきらめずに努力していればここに立てるんじゃないかなって思うメンバーがいるんじゃないかと。(鎌田菜月を見て)なんかすごくうなずいているんですけど(笑)

【鎌田菜月/6期生】同期でもセンターになりたいって声を大にして言っている子もいるので、今回SKE48にとっても刺激になりましたし、そのメンバーを応援しているファンの方にとっても、また熱が高まるいい機会だったんじゃないかなと思います。

【末永桜花/7期生】私は同期の子(4月に卒業した小畑優奈)が2作、センターに立って、重圧とか大変さを見ているからこそ「センターになりたいです」と言うことができなかったんですけど、やっぱりセンターは素敵な場所だと思うので、私もファンの方と目指せたらいいなと思っています。

――井上瑠夏さんは今回が初選抜となりました。

【井上瑠夏/8期生】選抜メンバーは“憧れの憧れの憧れ”の場所だったので、本当にまさか自分がなれるなんて、聞いたときは本当にびっくりしました。でも選抜メンバーになったからにはそれだけで終わらせず、次につなげられるように、まだまだもっと努力したり、自分を見つめ直して頑張ろうと思います。

【松井】センターになりたいと言ってくれる子が増えるほうが絶対おもしろいと思うし、そういう価値ある場所にしてもらいたいなと思います。自分は今までそういう気持ちで、いろんなメンバーがセンターに立ちたいと思ってくれたり、その場所が特別な存在であってほしいなと思ってやってきたので、そう思ってくれるメンバーが増えるというのはすごくうれしいことだなと思います。

――これまでのSKE48にはない新境地の楽曲ですね。

【高柳】初めてラップから始まるイケイケソングになっています。今までのSKE48はさわやかだったり、ダンスが迫力ある感じだったんですが、今回は大人っぽさを出しつつ新しいSKE48に挑戦しているので、新たな魅力を届けたいと思います。

【古畑】日々たまったうっぷん、フラストレーションをバカになって騒いで忘れちゃおうぜという、夏にぴったりな明るい曲になっています。今回MVをロサンゼルスで撮影させてもらって、泡パーティーだったりとか、パリピみたいなことをたくさん経験させてもらって、ダンスもレゲエ調を取り入れて“おセクシー”な感じになっています。SKE48に今までありそうでなかったような楽曲になっているんじゃないかと思うので、この曲を聴いてこの夏一緒に盛り上がってくださったらうれしいです。

■総選挙のない6月 松井珠理奈「ホッとしている部分も」

――10年間続いた選抜総選挙が今年は開催されませんでした。SKE48といえば総選挙に強いことで知られていましたが、6月の時期に総選挙について考えることはありましたか?

【高柳】考えずにすみました(笑)。楽しみながらも挑戦する気持ちだったり、自分への自信が得られる総選挙ですが、ないならないで、みんなすごくのびのびと、自分を作らずにいられてるなって思って。

【末永】私は去年初めてランクイン(45位)させていただいて、そのときにファンの方に来年も頑張ろうねって言われたんですよ。でも今年はなかったので、一つの目標がなくなったというのはあるんですけど、ファンの方からは「気楽に頑張っていこうね」って言われたので、この1年は気持ちを楽に頑張っていけるかなと思いました。

【鎌田】私自身、総選挙のランクインがきっかけで「無意識の色」(18年1月発売)で選抜に入れていただけて、そういう機会がなくなったということで残念がっているメンバーも中にはいるんですよね。総選挙って試される場ではあるんですけど、テレビに映れたりとか絶対チャンスではあるんですよ。それがないのは残念ではあるんですけど、その分、自分を磨けるチャンスだとも思っているので、総選挙がないということをどうプラスに変えるか試されている時期だなとは思います。自分自身も毎年、総選挙がある6月に向けて冬太りを解消しようみたいなのがあったんですよ。6月にいい感じにやせて、誕生日の8月にさらに磨かれてというような。

【古畑】アハハ、それ面白い。

【高柳】ということは、今ちょっと気を抜いてますね(笑)

【鎌田】そうなんですけど(笑)。8月までに頑張ってピークを合わせるのが自分の中での目標です。

【井上】私はもともと48グループの大ファンで、総選挙のテレビ中継は絶対見ていて、推しメンの順位が下がったり、卒業発表とかあったときは家で泣いちゃったりしていたので、48グループ=総選挙というイメージが自分の中でありました。SKE48に入ったからには総選挙は絶対に目指す場所だったので、それがなくなった悲しさはあったんですけど、SHOWROOM配信でファンの方が次の目標に向けて頑張ろうとコメントをくださって、そこで一緒にまた頑張ろうという一歩になったので前向きです!

――珠理奈さんは昨年地元で悲願の1位となり、その後休養もありましたが、今年総選挙がなかったことはどのように思っていますか?

【松井】ホッとしている部分もあります。総選挙はどうしても、気にしないでと言われてもみんな気にするもの。“選挙がすべてなのかもしれない”“これで順位が下がったらどうなっちゃうんだろう自分は”というプレッシャーと戦っていかなきゃいけないということで、大変な部分もあり、鍛えられる部分でもあるんですけど、ないことによって改めて、“あれ? 実は総選挙だけがすべてじゃなかったんだ”ってことにやっと気づけたというか。気づいてはいたんですけど、改めてそれが明確になったかなと思いました。

 ファンの方は総選挙がなくても応援してくれるし、ふだんから見てくださるわけだし、そういう部分をもっと大事にしないといけないなって。選挙だからこれをやるということではなくて、普段の頑張りとかを見て皆さんが通知表みたいな感じで評価してくれていたんだなと改めて感じられたので、あってもなくても気持ちは変わらず、ファンの皆さんのため、メンバーのため、グループのために頑張るということは変わらないなと思いました。

――来年復活しますと言ったらどうします?

【鎌田】(即答で)出ます。(SKE48に)いる間は出続けるとファンの方に宣言しているので出ます!

――他の皆さんは?

【高柳】…いざ発表されたら考えましょう。

【松井】そうだよね。何とも言えないよね、今は。

――3月からは運営会社が変わりましたが、それによる変化はありますか?

【鎌田】スタッフさんからのヒアリングがあって、メンバーもスタッフさんも意思の疎通をして、みんなで頑張っていこうという流れがあるので、すごくいい感じだなと思います、我ながら(笑)

【松井】会社が変わって、新しいスタッフの皆さんがメンバーの夢とかを親身になって聞いてくれたり、みんなもそういう想いをぶつけられるという場所があるということがまずはすごくいいことだなと思いました。私は去年の『世界選抜総選挙』が終わってから、もっとSKE48を世界に発信していいんじゃないかなって思ったので、「海外にも向けてアピールしたいです」「海外でライブしたいです」という話をさせてもらったんですけど、そうしたら会社の説明会のようなところで『アジアも視野に入れています』という話をされていたので、それがすごくうれしいなって思いました。

 SKE48は今月31日で結成11年になりますが、はじめからいたメンバーは、今は自分しかいません。ですが、メンバー、スタッフさん、たくさんの方に支えていただいているからこそ、ステージに立てているんだなと改めて感じます。1人では何もできないので、これからも周りのみなさんの力をお借りして、もっともっと大きなグループにしていけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事