三浦春馬、ドラマ主題歌テレビ初披露で達成感「すごく良い経験」SNSで称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の三浦春馬が主演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『TWO WEEKS』(毎週火曜 後9:00)。自身が歌唱する主題歌「Fight for your heart」をきのう24日放送の音楽特番『2019 FNSうたの夏まつり』でテレビ初歌唱した。これがSNSを中心に大きな反響を呼んでおり、これを受け三浦は「ドラマに関心を持ってもらえるきっかけとなる表現になれば、という思いで始めたことなので、それはすごくうれしいですし、ドラマに興味を持ってもらう人が増えてくれたらいいなと思います」と喜びのコメントを寄せた。

【動画】三浦春馬が逃げる…! ドラマ『TWO WEEKS』第3話の予告映像

 放送ではミュージカルでも活躍する三浦が魅せる圧巻の歌唱力と華麗なダンスパフォーマンスを披露。SNSでは「ただでさえあんなイケメンでセクシーでスタイルよくて演技も上手いのに、歌手顔負けの歌唱力とキレのあるダンスを身につけてるなんてズルい」「三浦春馬って歌も上手くてダンスも出来るのか」「舞台でしか歌っている姿を見たこと無かったけどマジ歌上手い」など称賛の声が相次いだ。

 昨晩の大舞台を振り返り、三浦は「緊張で吐きそうでした、ホントに(笑)」と不安もあったようだが、「ただすごく良い経験になりましたし、達成感があります。また、城田(優)くんをはじめ、皆さんからねぎらいの拍手をいただき、今までにない喜びを感じました」と充実感とともに仲間たちにも感謝を込めた。

 そして暑いなかでのドラマ撮影が再開。「作品への熱量は今までと変わらないのですが、自分の中で『FNS』での生歌唱はすごくプレッシャーで…(笑)。それを乗り越えたことで、改めてモノ作りに集中し、さらに現場を勢いづけられたらと思います」と中盤に向け、気持ちを新たにしていた。

 同ドラマは殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。30日放送の第3話では、逃亡の手助けをしてくれた謎の男・灰谷(磯村勇斗)から、突然ナイフを向けられた結城のその後が描かれる。また、倍賞美津子がゲスト出演。結城の逃亡や決死の覚悟に大きな影響を与える人物を演じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事