SKE48の現役青学生 後藤楽々が卒業発表 英検1級合格の才女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・SKE48の後藤楽々(ごとう・らら、19)が28日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームE公演および自身の生誕祭で、9月末をもってグループから卒業することを発表した。研究生時代から選抜されるなど次世代エース候補として期待をかけられていただけに、ファンに大きな衝撃を与えた。

【写真】チームE公演/自身の生誕祭で卒業を発表した後藤楽々

 後藤は昨年5月1日から半年間、大学受験専念のために休業。卒業を選択せずに11月6日から活動を再開していただけに、ファンを驚かせた。後藤は今年3月1日に名古屋の南山高校を卒業、4月1日には青山学院大学文学部英文学科に入学したことをツイッターで報告。今月13日には英検1級に合格したことも明かし、「サイゼリヤで勉強した甲斐がありました」とツイートするなど、SKE48との活動と並行して堪能な英語力に磨きをかけていた。

 後藤は2015年3月、7期生オーディションに合格。同年8月発売の18枚目シングル「前のめり」で研究生ながら初選抜され、松井玲奈、松井珠理奈のW松井に次ぐ3番手のポジションでフロントに大抜てき。以降、5作連続で選抜入りしたほか、AKB48のシングルにも「翼はいらない」など3作で選抜入りするなど期待をかけられ、一昨年の『AKB48選抜総選挙』では3度目の参加で46位に初ランクインしていた。

 SKE48はセンター経験者を含めた若手エース・小畑優奈(17=7期生)が3月で卒業し、北川綾巴(20=6期生)も9月末で卒業することが決まっている。次世代センターと目されていた後藤の卒業にSKE48ファンからは悲鳴があがっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事