三浦春馬 “天敵”高嶋政伸との怪演に本音「恐ろしかったです」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の三浦春馬が主演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『TWO WEEKS』(毎週火曜 後9:00)第5話がきょう13日放送される。殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うため孤独な逃亡に身を投じる姿、そして悪徳実業家・柴崎要(高嶋政伸)の秘密と殺人事件の真相を探る新米検事・月島楓(芳根京子)のそれぞれの視点で物語が進行してきた第1章が今夜完結する。

【動画】第1章完結となる第5話予告

 かつては自らが楓の父親を刺した事件で、身代わりとして結城を出頭させ、そして今再び結城に殺人の濡れ衣を着せたうえに、殺し屋・灰谷(磯村勇斗)を使って逃亡中の結城を追い詰めていく柴崎。“毒蛇”と称される冷徹な男を演じる高嶋とは、第1話以来の共演となった三浦。すでに公開されている予告映像では、結城が柴崎に胸ぐらをつかまれる一場面が描かれており、三浦は「お互い気持ちがあって、すごい熱量でしたね」と緊迫の芝居合戦の様子を振り返った。

 さらに、「ひとつひとつの芝居について丁寧に事前に説明してくださいますし、こだわりを持って一緒に作りたいという強い思いを感じた現場でした。予告編での1コマを見るだけでもすごく良かったので、どんな感じになっているのかすごく楽しみです」と期待を寄せる三浦。高島の鬼気迫る表情を目の当たりにし、最後に一言、「恐ろしかったです(笑)」と本音を漏らしていた。

 なお、本編の緊張感漂うやりとりや激しいアクションとは真逆のオフショットが楽しめる公式SNSでは敵役・味方役の分け隔てなく、和気あいあいとした雰囲気の現場の様子が垣間見え、三浦、芳根、三浦貴大といったカメラを趣味に持つ出演者たち自身が撮影した本格的な写真(ハッシュタグ「#TWOWEEKS写真部」)も話題に。なかでも、三浦と娘役の稲垣来泉の“親子”動画は、本当の父と娘のような関係性がみてとれるほほ笑ましいやりとりが一服の清涼剤となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事