森口博子、「ガンダム」カバーで28年2ヶ月ぶりのTOP10入り 「80代まで歌い続けたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 森口博子のアルバム『GUNDAM SONG COVERS』が、2.5万枚を売り上げ、8/19付オリコン週間アルバムランキングで自己最高位の3位に初登場。『Eternal Songs』(1991年6月21日発売)が1991年7/1付で10位を獲得して以来、28年2ヶ月ぶりのTOP10入りとなった。

【画像】『Ζガンダム』とノーマルスーツに身を包んだ森口博子

 また「アルバムTOP10入りインターバル記録」では、女性アーティスト歴代1位を記録した。2位は小泉今日子の25年2ヶ月(1992年4/6付~17/5/29付)、3位は山口百恵さんの22年6ヶ月(1980年12/15付~03/6/16付)。全アーティストでの1位は西城秀樹さんの40年10ヶ月(77/8/15付~18/6/11付)となっている。

 同記録を受け森口は、「令和元年のガンダム40周年に、こんな奇跡が起きるなんて! 驚きと歓びでいっぱいです。本当にありがとうございます。これまで愛いっぱいにずっと支えて下さったファンの皆さんや、スタッフの皆さま、そして今回のカバーアルバムに携わって下さったすべての皆さまの、揺るぎない情熱があったからこそです」と感謝した。

 さらに、「『夢には締め切りがない』と言うことを、皆さんと積み上げてきた歴史のなかで、改めて実感しました。長年のファンの皆さんはもちろん、作品を知らない方にもガンダムソング、アニソンの素晴らしさを知って頂ける自信作になりました。10代、20代、30代、40代、50代と、シリーズ毎にガンダムのテーマソングを歌わせて頂いておりますが、来年は早、デビュー35周年。楽曲を通じてたくさんのあなたと繋がれている幸せを力に、80代まで歌い続けたいと思います」と意気込みを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事