田中圭、小麦粉かぶり無残な姿に 等身大で演じた“はるたん”場面写真7枚公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の田中圭が主演する『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(23日公開)から、田中演じる主人公の“はるたん”こと春田創一の場面カット7枚が到着。素直で真っ直ぐな笑顔の表情から、小麦粉をかぶったコミカルなシーンまで“等身大はるたん”の魅力を存分に味わうことができる。

【場面カット】田中圭演じる”はるたん”のキュートな笑顔

 テレビ朝日系で昨年4月期に放送されたドラマ版は、ツイッターの“世界トレンド1位”を獲得するなど盛り上がりを見せた。結婚願望はあるが全くモテず、実家暮らしの33歳ポンコツサラリーマン・春田(田中)は、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とエリート後輩・牧凌太(林遣都)から同じタイミングで壁ドン告白をされる。春田は2人の思いに少しずつ真剣に向き合うが、幼なじみのちず(内田理央)という気になる存在がいる。さらに黒澤には妻・蝶子(大塚寧々)がおり、牧は春田と同じ部署の主任・武川(眞島秀和)と付き合っていた事実も判明。ハードルを乗り越え、最後は黒澤との結婚式を飛び出し、牧にプロポーズして結ばれるエンディングを迎えた。

 映画版では、陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)が天空不動産第二営業部に加わるも、本社で新たに発足したチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、春田たちに立ち去るよう言い放つ。そのチームには、本社に異動した牧の姿もあり、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。動揺する春田を元気づけるジャスティス。さらには終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付き、前代未聞のおっさんたちによる五角関係のラブ・バトルロワイヤルが描かれる。

 解禁された場面カットは、喜怒哀楽の表情を見せるはるたんの七変化写真。くしゃっと笑顔を見せるキラースマイルから、目と口を大きく開けて仰天する姿、生意気かわいい指差す場面も公開に。ネット上でも「存在が罪!」と言われる“はるたん”の愛らしい瞬間に注目したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事