大麻所持で起訴のRIZE・JESSE、謝罪コメント発表「迷惑と心配を掛けてしまい心底反省」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自宅で大麻を所持したとして大麻取締法違反罪と麻薬取締法違反罪で起訴された、ロックバンドRIZE/The BonezのボーカルJESSE(本名・マック・ファーデン・ジェシー・ソラト/39)被告が19日、RIZEの公式サイトで謝罪コメントを発表した。

【写真】CharとJESSEが親子セッション

 JESSEはファンに向けて「この度は、本当に心配を掛けてごめんなさい」と謝罪し、「まだメンバーとは会えていないので今後のことは何も決まっていません」と報告。「RIZEもThe BONEZも自分にとってかけがえの無いバンドです。この先のことはメンバー同士でしっかり話し合っていきたいと思いますので、時間を下さい」と呼びかけた。

 つづけて「迷惑と心配を掛けてしまい心底反省してます」と重ねて謝罪し、「失ったものを少しでも取り戻せるよう、努力していきます」と今後の向けた意思をつづった。

 報道によると、JESSE被告は東京・品川区の自宅で大麻約2.4グラムを所持したなどとして、9日に起訴された。14日午後に保釈保証金250万円を納付して東京湾岸警察署から保釈された時は、「今回はご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした」と謝罪。約30秒に渡り頭を下げた。

 JESSE被告の逮捕を受け、所属事務所はソロで出演予定だったフェスの出演見合わせを決定するなど、各方面に影響が出ていた。また、JESSE被告と同日に同バンドでベースおよびDragon AshのサポートベーシストのKenKen(本名・金子賢輔/33)被告も逮捕され、現在は起訴され保釈されている。

■JESSEコメント
RIZER, BONERのみんなへ

この度は、本当に心配を掛けてごめんなさい。
まだメンバーとは会えていないので今後のことは何も決まっていません。RIZEもThe BONEZも自分にとってかけがえの無いバンドです。この先のことはメンバー同士でしっかり話し合っていきたいと思いますので、時間を下さい。迷惑と心配を掛けてしまい心底反省してます。失ったものを少しでも取り戻せるよう、努力していきます。
この度は本当に申し訳ございませんでした。

JESSE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事