RIZE・KenKen被告、謝罪コメント発表「ただただ反省しております」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大麻取締法違反の罪で起訴されたロックバンド・RIZEのベーシスト/Dragon AshのサポートベーシストのKenKen(本名・金子賢輔/33)被告が19日、自身の公式サイトで謝罪コメントを発表した。

【写真】RIZE×Char×金子マリ 夢の親子共演が実現

 14日に保釈されたKenKen被告は、音楽や仲間やスタッフ、ファンに向けて「本当に申し訳ございませんでした。 現在は、ただただ反省しております」と謝罪。今後に向けて「ご迷惑をおかけした皆さま、そしてファンの皆さまに、お返しできることを考え、実行していこうと強く思っております」と反省を誓った。

 また、保釈時にコメントしなかったことについて「警視庁本部から施設の特殊性を踏まえた対応の要請があり、本当にたくさんのマスコミの方がいらしていたにもかかわらず現地でのお詫びができず」と説明し、謝罪までに時間がかかったことも改めて謝罪した。

 Kenken被告の逮捕を受け、Dragon Ashは出演予定のフェスやイベントにT$UYO$HI(ツヨシ)(The BONEZ/Pay money To my Pain)をサポートベーシストに迎えて出演した。

 RIZEのドラマーでKenkenの実兄の金子ノブアキは11日、自身のインスタグラムで「関係各位の皆様、そして日頃から応援して下さっている皆様には多大なご迷惑をおかけ致しております。心より謝罪申し上げます」と謝罪。「今後も様々な影響が予想されますが、許される限り身の丈に合った行動、活動を取って行こう思います。改めて両名の償いと更生を心より願っています」と思いをつづった。

 報道によると、KenKen被告は先月19日、京都市下京区の自宅マンションで、大麻約0.2グラムを所持した罪で起訴された。同日には同じくRIZEのボーカルのJESSE(本名・マック・ファーデン・ジェシー・ソラト/39)被告も東京・品川区の自宅で大麻約2.4グラムを所持したなどとして、逮捕され現在は起訴され保釈されている。

■Kenkenコメント
お詫び

この度は、ぼくの命にも等しい音楽仲間と、ぼくの事を自分の命のように大切にしてくれるスタッフの皆さまをはじめ、関わって下さっている多くの方々に、たくさんご迷惑をかけてしまいました。

そして、RIZEや、親友の想いを継いでサポートさせてもらっていたDragon Ashをはじめとする様々なバンドを応援して下さっていたファンの皆様にもショックを与えてしまいました。

本当に申し訳ございませんでした。

現在は、ただただ反省しております。

そして、ご迷惑をおかけした皆さま、そしてファンの皆さまに、お返しできることを考え、実行していこうと強く思っております。

また、保釈の際には,警視庁本部から施設の特殊性を踏まえた対応の要請があり、本当にたくさんのマスコミの方がいらしていたにもかかわらず現地でのお詫びができず、このような形でお詫びさせていただくまでに時間がかかったことを申し訳なく思っています。

改めまして、この度は、ご心配とご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ございませんでした。

2019年8月19日
KenKen 金子賢輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事