落語家・桂小文枝が車両交通事故 「私の不注意」と謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 落語家の桂小文枝(かつら・こぶんし 68)の所属事務所・吉本興業は19日、小文枝が8月13日午後5時30分頃、知人の車を連転中、兵庫県神戸市内の交差点にて右折する際に、前方からの直進車と衝突したと発表した。

【写真】2010年には…参院選に出馬した桂小文枝

 事故については、先方車両に乗車していた男女2人のうち女性が、神戸市内の病院に搬送され、現在も入院。小文枝が運転していた車両には4人が乗車していたが、ケガ人はなく、吉本は「本件事故は、管轄警察により捜査中です。桂小文枝は深く反省し、先方様へ直接お詫びしております。桂小文枝及び弊社としても先方様の早期退院を切に願っております」とコメント。

 小文枝も書面を通じて「私の不注意でこのような事故を起こしてしまいました。先方にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びすると共に、一日も早いご退院をお祈りしております本当に申し訳ございませんでした」と謝罪している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事