【オリコン】『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』BDが総合首位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気映画シリーズの最新映像作品『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX』(8日発売)が初週で8.0万枚を売り上げ、11/20付オリコン週間Blu-ray Disc(以下BD)ランキングで総合1位に初登場した。同シリーズによるBD総合1位は、前作『~ 生命の泉/DVD+ブルーレイ』(2011年11月発売)に続いて通算2作目となる。

【動画】ゴースト・シャーク襲撃シーンの舞台裏映像

 同時発売の『~/最後の海賊 4K UHD MovieNEX』は初週売上0.4万枚でBD総合5位、「~/最後の海賊 MovieNEXプラス3D スチールブック」は0.3万枚で同9位となり、3作同時TOP10入りした。

 本作は、日本では7月に公開されたシリーズ第5弾。ジョニー・デップが孤高の海賊ジャック・スパロウを演じ、シリーズすべての謎が明かされる「最後の冒険」を繰り広げる。ポール・マッカートニーが出演していることでも話題を呼んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事