吉岡里帆、“バディ”との再会に興奮「もう会えないかもと…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の吉岡里帆(26)が22日、都内で行われた映画『見えない目撃者』(9月20日公開)完成披露試写に出席した。イベント終盤に吉岡へのサプライズとして、劇中で吉岡演じる目の見えない主人公の“バディ”である盲導犬・パルを演じた俳優犬が登場。ステージに現れた相棒との突然の再会に吉岡は「うそうそうそ!パル~!?」と大興奮で、「撮影が終わってから北海道に行ったと聞いて、もう会えないかもと思っていたので、すごくうれしい」と歓喜。「パル、覚えてる?」と呼びかけると、マイクにかみついてはしゃぐパルの姿を見て思わず顔をほころばせた。

【動画】サプライズに驚きを隠せない吉岡里帆

 同作は視力を失った元女性警察官が、女子高生連続殺人事件の犯人に迫る本格スリラー。吉岡は警察官として将来を有望視されながらも、自らの過失による事故で視力と弟を失ってしまった主人公の浜中なつめを演じている。

 なつめの“目”となって犯人を追うスケボー少年の国崎春馬を演じた高杉真宙(23)は「パルがバディって書いてあったり、高杉真宙がバディって書いてあったりするので…。僕がバディになれるように頑張りました」と奮闘ぶりをアピール。初挑戦のスケボーでの撮影では「頑張りました。練習はちょっとしたんですよ…、時間のある限り。いろんな方の力を借りてかっこいい春馬くんをみせられていると思います」と自信をのぞかせた。

 クランクイン2ヶ月前から3人の盲目の方や、警察官への取材を行うなど取り組んだという吉岡。さらに男性キャストを横目に「並ぶとわかりやすいんですけど、めちゃくちゃ身長が低くてコンプレックス。でもアクションで犯人と対峙するシーンで弱々しく見えないように背筋を鍛えました。背中の筋肉がついていると強く見えるので。3ヶ月くらい前から始めました」と役作りに励んだ。

 「スリラーなところを攻めて攻めて…」と“15禁”作品で難役に挑んだ吉岡を支えとなったのがパル。「お芝居をするという感覚が鋭くて、本番始まるまではずっと注意散漫で大丈夫かな、というくらい楽しそうに遊んだりしてるんですけど、『本番!』の監督の声を聞くと集中力たっぷりで、とってもすてきなお芝居をしてくださる。パルがいたから、この映画の中で強く、自分を保っていられた。安定した気持ちでいられたのはパルの存在かな」と感慨深げに語っていた。

 このほか國村隼(63)、大倉孝二(45)、浅香航大(26)、柳俊太郎(28)、松大航也(19)、田口トモロヲ(61)、森淳一監督が登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事