乃木坂46・桜井玲香、卒業への決意&キャプテンの葛藤を語る「泣いちゃうだろうな…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グループからの卒業を発表している乃木坂46の桜井玲香(25)が、23日発売の『FLASHスペシャル2019盛夏号』(光文社)に登場。卒業を決意した経緯や、キャプテンになったことへの葛藤を語った。

【別カット】秋ファッションで振り向く乃木坂46・桜井玲香

 桜井は同誌の裏表紙を飾っており、誌面ではオレンジのブラウス&花柄のスカート、白いノースリーブなど大人っぽい雰囲気のコーディネートを披露。インタビューでは、キャプテンに指名された直後は「プレッシャーでした」と振り返り、7年間の思いや次期キャプテンの秋元真夏へのメッセージも。最初で最後のソロ曲「時々 思い出してください」についても「神宮で歌ったら泣いちゃうだろうな」と明かしている。

 今回は卒業メモリアル特集ということで、桜井玲香名言集・全舞台の記録も掲載。さらには同誌が撮ったグラビアのプレイバックとして、過去のグラビア写真にコメントもつけて紹介している。

 同号にはそのほか、乃木坂46の筒井あやめ、欅坂46の武元唯衣&山崎天、日向坂46の河田陽菜、新谷真由、古田愛理、坂口風詩、AKB48の矢作萌夏、声優の楠木ともり、≠MEなどが登場。表紙を飾ったのは欅坂46の小林由依と森田ひかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事