『ミス・ユニバース』兵庫県出身の加茂あこさんが日本代表に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 知花くらら、森理世ら人気モデルを多数輩出している美の祭典『2019 ミス・ユニバース・ジャパンファイナル NEW ERA』が22日、都内で行われ、兵庫県出身の加茂あこさん(21)がグランプリに輝いた。今年冬に開催予定の『ミス・ユニバース 世界大会』に、日本代表として出場する。

【全身ショット】黒のシースルードレスで登場した加茂あこさん

 自身の名前を呼ばれた瞬間、こみ上げてくる思いを抑えようと両手を胸に当てていた加茂さん。クラウンとサッシュが贈呈され、グランプリとして笑顔でポーズを決めたが、ともに戦ってきた仲間たちが祝福に駆けつけると、思いがあふれて涙を流した。

 新元号「令和」になってから初となるミス・ユニバース・ジャパンの頂点を目指すため、約1000人が応募。そこから書類選考、オーディションで選出され、4月下旬から約4ヶ月にわたるレッスンと中間審査を経た41人のセミファイナリストがこの日登場した。そこからファイナリスト15人が発表され、最終審査へと突入。スピーチ、水着、ドレス審査などを経て、グランプリが決定した。

 “美のワールドカップ”といわれるミス・ユニバースは1952年に発足、日本代表は当初より参加。1959年に児島明子、2007年に森が世界一に輝いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事