上白石萌音、アジカンに「大好きです!」と公開告白 劇中のカラオケシーンには謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の上白石萌音が22日、都内で行われた映画『スタートアップ・ガールズ』(9月6日公開)の完成披露上映会に登壇。イベントの途中で、同作の主題歌「スリープ」を担当したロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文と喜多建介が登場すると、上白石は「だ、大好きです!」と公開告白をして、アジカンへの愛を語った。

【全身ショット】水色のワンピースで登場した上白石萌音

 主題歌を聴いたのは撮影が終わってからだったという上白石は「私たちは映画でこういうことを言いたかったんだというのが歌詞に詰まっていて不思議なものを感じました。特に『手垢がついてベタベタの愛』という歌詞が大好きで、愛って清らかなものと歌われることが多いじゃないですか。愛って手垢でベタベタだなって思って、なんて素敵な表現なんだろうと思いました」と熱弁。

 W主演を務める山崎紘菜も「役の気持ちが歌詞に入っている気がして、勝手に2人の曲だなあと思っていました。ピッタリの楽曲をありがとうございました」とアジカンに感謝。2人からの言葉に後藤も「恥ずかしいですね」と照れるも「こちらこそ、ありがとうございます」と話した。

 さらに、劇中ではアジカンの代表曲のひとつ「リライト」をカラオケで熱唱するシーンもあるが「本当に申し訳ありませんでした!」と上白石と山崎がそろって謝罪。映画を観たという喜多は「けっこうびっくりして、うれしいけど体温が上がってくる感じがありましたね」と笑顔。後藤も「僕も自分でカラオケで歌っても80何点しか出ないんで」とフォロー。

 また、最近挑戦していることを聞かれると後藤は「年甲斐もないんですけどスケートボードを買いまして。本ばっかり読んでいるので、少しは運動しようと。でも、家の近所が坂道が多くてどこで降りればいいのか困っているんですよね」と話し、会場の笑いを誘っていた。

 この日は、山本耕史、池田千尋監督、グラント・ニコラスも登壇した。

 同作は、立ち上げや起業を意味する“スタートアップ”をテーマにした初の邦画。大学生にして「IT×医療」で起業を目指す自由人・小松光を上白石、大企業に勤め起業家へ投資するキャリア志向の女性・南堀希を山崎が演じる。性格も服装も仕事に対する考え方も真逆の2人が、ぶつかり合いながらも、ビジネスパートナーとして、それぞれの未来を探していく物語が描かれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事