綾瀬はるか、世界を食べ尽くす 写真集10冊シリーズのプロジェクト始動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の綾瀬はるかが世界10の地域を食べ歩く姿を、日本を代表するフォトグラファーが撮影する写真集プロジェクト『ハルカノセカイ』(講談社)の第1弾「台湾編」が、26日に発売される。

【誌面カット】台湾を食べ歩く綾瀬はるか

 本作は、さまざまな作品で魅力を発揮する綾瀬の美を表現する時に用いられる「素の美しさ」に注目し、女性の根源的な美しさを写し撮る書籍をつくるうえで、食べるという行為を中心に構成。人気フォトグラファーが世界10地域で食べて、食べて、食べ歩く、綾瀬の姿を撮影し、各国の食文化の魅力に迫っていく。

 第1弾は、佐内正史氏を迎えて台湾で撮影。台北を中心にした抒情的な台湾旅日記で、書名「ハルカノイセカイ」のとおり、綾瀬の胃の中の世界と、どこか写真の異世界が通じる“イセカイ”を感じさる内容となっている。また、お気に入りのカスタードマンや、緑の豆のスープなど、グルメ情報は公式インスタグラム(@ harukanoisekai_official)で紹介する。

 本作は3~4ヶ月に1冊のペースでリリースされ、数年にわたって10冊を刊行。第2弾は「ハワイ」、第3弾は「ポルトガル」を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事