佐野玲於が初参加のシネマファイターズプロジェクト作品 特報映像解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EXILE HIRO、『SSFF & ASIA』代表の別所哲也、作詞家・小竹正人氏の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像をひとつに融合するシネマファイターズプロジェクトの第3弾『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』が11月8日に公開されることが発表になった。それにあわせ、その1篇である、GENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於と洞内広樹監督の作品『GHOSTING』(ゴースティング)の特報映像と、プロジェクトのポスタービジュアルが解禁になった。

【動画】佐野玲於主演の作品 特報映像が解禁

 同プロジェクトは2017年からスタートし「運命」と「奇跡」が生み出した出会いや、初恋を描く青春ラブストーリー、愛を知らないで育ったアウトローな男と、愛を乞うことで生き延びてきた娼婦の物語などが展開される。

 今年は5本のショートフィルムによるオムニバス映画が作られ、監督陣は洞内氏のほか、三池崇史監督、行定勲監督、松永大司監督、井上博貴監督が参加。三池監督の『Beautiful』には、EXILE AKIRAと蓮佛美沙子、行定監督の『海風』には三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの小林直己、松永監督の『On The Way』には今市隆二、井上監督の『魔女に焦がれて』にはFANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹が出演する。

 同プロジェクト初参加の佐野は「公私ともに尊敬している小竹正人さんが作り出す世界観の作品に参加し、洞内監督の作品に対する熱意に非常に共感し、また、素晴らしい環境の中で演じさせていただくことができたと感じている」と語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事