超特急、11・20『モトカレマニア』主題歌をシングル化 新ビジュアル公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダンス&ボーカルグループの超特急が、新木優子&高良健吾W主演ドラマ『モトカレマニア』の主題歌に起用された新曲「Revival Love」を11月20日にシングルとしてリリースすることが明らかになった。あわせて最新ビジュアルが公開された。

【写真】新木優子とともに超特急ポーズ

 リーダーのリョウガは「超特急、new singleリリース決定!! ユースケの想いも乗せて8号車達に最高のsingleを届けます!!」と、6月から体調不良で休養しているユースケに言及し、シングル発売の報告。「主題歌というありがたい役目もありますので、全力で盛り上げつつ、8号車の輪を広げていけたらと思っています!」と意気込んでいる。

 前作「Hey Hey Hey」から5ヶ月ぶりのシングル「Revival Love」は、いきものがかりのリーダー・水野良樹(G)が作詞作曲を担当。超特急が音楽グループのメンバーから楽曲提供を受けるのは初めてのことで、ボーカルのタカシは「初めて自分たちと同じくグループの方に、しかもドラマの主題歌を手がけていただけたのがすごくうれしくて」と大喜び。「この楽曲を通していつかコラボできたらなとも思っています」と楽しみにしている。

 カップリングには、メンバーのタクヤがメインキャストとして出演する11月公開の映画『どすこい!すけひら』の主題歌「Don’t Stop 恋」が収録されることも決定した。

 本作は通常盤、Pastel Shades盤、Shine Bright盤の3形態。Pastel Shades盤のカップリング曲として12月21・22日の大阪城ホール公演のテーマソングを、Shine Bright盤には来年1月3~5日の東京・国立代々木競技場 第一体育館公演のテーマソングを収録する。

 Pastel Shades盤およびShine Bright盤の初回プレス分には、年末年始に行われるアリーナツアー『Revolucion viva』との連動特典として、ドキュメントDVD引換券も封入。ツアー会場に当日のライブチケットを提示のうえ、それぞれの引換券1枚ずつ(計2枚)を持参すると、特典DVDと引き換えることができる。DVDには春から夏にかけて行われた全国ホールツアー『EUPHORIA』のドキュメント映像が収められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事