「児嶋だよ!」で家建てた 相方・渡部は羨望「最高の人生だよ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・アンジャッシュが12日、東京・赤城神社で行われた映画『僕のワンダフル・ジャーニー』(13日公開)のヒット祈願イベントに出席。作風になぞらえて「生まれ変わるなら何になりたい?」との質問に渡部建が「児嶋(一哉)さんかな」と、相方を指名する一幕があった。

【写真】これも最高じゃ…渡部建&佐々木希、CMで貴重な2ショット披露

 その理由を問われた渡部は「人様に名前を間違えられて『児嶋だよ!』と大声で本名を言う。それだけでこの人は家を建てて、犬を飼った。最高の人生だよ」。これに児嶋が「あれだって大変だよ。『児嶋だよ!』、『おい!』、『こら!』って返さなきゃいけない」と弁明したが、「その3つだけじゃねえか!」とツッコまれていた。

 同作は、何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主のイーサンが紡いだラブストーリー『僕のワンダフル・ライフ』(2017年)の続編。それから月日は流れ、孫娘のCJと母親のグロリアという新しい家族ができる。しかし、グロリアは夫を事故で亡くしたショックからCJを連れて家から出てしまう。イーサンから「CJを守るために戻ってきてほしい」と頼まれたベイリー。CJの幸せのために奮闘する新たな旅がスタートする。

 CJ役の声優を務めた女優・早見あかりは「本当に難しかった。英語と日本語の息の使い方が全く違う。『女優さんを完コピをするぞ!』という気持ちで練習して、その中で自分らしさを出しつつ、出し過ぎちゃいけない。そのバランスが大変でした」とアピール。3人の愛犬たちも登場し「ナンバー犬(ワン)!」のヒットを祈願していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事