三谷幸喜、映画監督・松本人志を評価も「役者としては使いたくない」 遅筆疑惑もドヤ顔で反論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 脚本家の三谷幸喜氏が、あす13日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。ダウンタウンと坂上忍らが店に到着するなり、窓越しに一行を真顔でじっと見つめる三谷氏の姿が。鬱陶(うっとう)しいキャラクターが全開の三谷氏に、浜田雅功が「待ってる姿がめっちゃ腹立つ」とツッコミを入れる。

【番組カット】身振りを交えて熱弁する三谷幸喜氏

 今回は、三谷氏の監督最新作『記憶にございません!』出演者の中井貴一やディーン・フジオカなどから寄せられた三谷氏へのクレームを紹介。「台本が届くのが、いつもギリギリすぎる」ゆえに、現場からは舞台稽古に割く時間が十分に確保できない、という声が上がっているそうだが、かつて三谷氏が手がけたテレビ時代劇に出演していた浜田もこれに同調。台本が届かないゆえに起こった事件について振り返っていくも、三谷氏は「台本があればいい芝居ができるのか?」となぜかドヤ顔で反論する。

 坂上が「ちょっと待って、台本がなかったら芝居ができないじゃないですか!」と指摘すると、しばらく黙り込んだ三谷氏は「…だいたいどんな感じか(予想すれば)分かるじゃないですか?」と屁理屈をこね続ける。さらに、三谷氏がとある出演者の台本を隠して現場を混乱させたエピソードなどが明かされると、松本人志が「ことごとく鬱陶しいです」と言い放つ。そのほか、過去、三谷が浜田に「殺されかけた」というエピソードを披露する。

 三谷氏は、松本について「本当に素晴らしい方。映画も全部拝見してます」と評する一方で「でも役者としては使いたくない」とバッサリ。天然なのか計算なのか、一行に対して延々と鬱陶しく絡む三谷氏に対して松本もヒートアップ。2人が見せるトークバトルにも注目が集まる。

 「ハシゴ酒」にはそのほか、高橋みなみも出演する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事