【なつぞら】最終週に大泉洋の出演が決定 TEAM NACS全員出演「本当に感謝です」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)の最終週(23日~28日)に、俳優・大泉洋の出演が発表された。「北海道と深いゆかりのある役」で登場する。大泉は「この北海道が舞台の記念すべき朝ドラに、我々TEAM NACS を全員出演させてくれたスタッフの皆様、そして我々全員の出演を願ってくれたファンの皆様に本当に感謝です」とコメントを寄せている。

【動画】劇中アニメ「大草原の少女ソラ」オープニング映像

 同作には、物語の舞台の一つ、北海道出身の人気演劇ユニット・TEAM NACSから、安田顕が帯広の和菓子店「雪月」の店主・小畑雪之助役、音尾琢真が柴田牧場で働く戸村菊介役、戸次重幸がなつの同級生・山田天陽の父・正治役で、第1週からレギュラー出演。

 さらに、リーダー・森崎博之が、第19週に十勝支庁の支庁長・大清水洋(おおしみず・ひろし)役で登場。

 大泉は「これでTEAM NACS 全員が出演させていただく事になります。ほかのメンバーが出ているのをうらやましく見ており、『もう出られないのかな…』と半ばあきらめていたので、本当にうれしいです」と、喜びとともに「さまざまな関係者の皆様、長い間、辛抱強くスケジュール調整していただき、ありがとうございました!!」と、感謝を伝えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事