日向坂46小坂菜緒、初主演映画をサプライズでアピール 観客も大きな拍手で迎え入れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・日向坂46の小坂菜緒(17)が23日、都内で行われたホラー映画『恐怖人形』(11月公開)の特報上映舞台あいさつに出席。観客にはサプライズでのPRとなり大きな拍手で迎えられた。

【全身ショット】特報上映舞台あいさつに登壇した小坂菜緒

 同作で映画初出演にして初主演を務める小坂は「映像のお仕事をやらせていただくのが、あまりなかったのですべてが新鮮でした。走ったり、アクションもあったので新しい気持ちで撮影を行えました」と振り返った。

 オファーをもらったときの感想を聞かれると「ホラー映画は得意じゃないのでどんな感じになるんだろうかと思っていたんですけど、撮影自体はすごく楽しかったです」と笑顔。特報映像の見どころについては「続きが気になる映像の内容になっていますし、背筋がゾクゾクするような感じに仕上がっていると思います」と話していた。

 共演は、映画『十二人の死にたい子どもたち』やドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』などの話題作に続けて出演している萩原利久(20)。小坂が演じる女子大生の平井由梨は、幼なじみの真人(萩原)と趣味のカメラで日常の風景を撮るなど楽しい日々を過ごしていた。ある日、差出人不明のパーティーの案内状が2人に届くと、軽い気持ちで参加することに。集合場所に到着すると同世代の男女5人と中年の男性が1人。そこからパーティー会場となるキャンプ場にたどり着いた8人は、決して引き返すことのできないパーティーに参加させられることとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事