上白石萌音、綾野剛主演『楽園』主題歌10・14配信リリース 映画とリンクしたMV公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優で歌手の上白石萌音が、綾野剛主演映画『楽園』(10月18日公開)の主題歌で、RADWIMPSの野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースを手がけた新曲「一縷(いちる)」を10月14日に配信シングルとしてリリースすることが決定した。あわせてミュージックビデオ(MV)とジャケットが、きょう30日に公開された。

【動画】胸が締め付けられる主題歌「一縷」も聴ける…映画『楽園』本予告映像

 MVの撮影は7月に行われ、瀬々敬久監督が監修、助監督・海野敦氏がディレクターを務めるなど、映画『楽園』の製作チームが手がけた。瀬々監督は、楽曲をプロデュースした野田洋次郎が実際にこの映画を見てから『一縷』を書き下ろしたことを聞き、「上白石萌音を、映画の原風景の中に立たせたい」と願い、映画の中でも最も象徴的なシーンとして描かれるY字路など、長野県に実在する映画のロケ地などで敢行した。

 完成したMVは実際の映画のシーンも交えて構成。映画に出演していない上白石が見つめる先に、綾野剛と杉咲花の共演シーンを使用するなど、映画「楽園」の登場人物たちとお互いを見守っているような内容に。上白石は「映画の中でとても印象的だった場所を訪れることができて、とてもメモリアルで、光栄で、一生私の中に残る経験でもありました」と撮影を振り返った。

 楽曲についても、撮影中に何度聴いても初めて聴いた時の感動が変わらないといい、「(野田)洋次郎さんが『この映画の最後の小さな光になれるような、そんな曲にできたらいいね』そう願って書かれた言葉が持つ力や、音を聴いて琴線に触れる感じを、ずっと感じることができました」と明かす。瀬々監督も「出だしの言葉の強さ、それを発する声、透明さの中にある決心のようなもの。初めて聴いた時、まずそこにグッときました。野田洋次郎さんと上白石萌音さんによるこの曲は映画に『希望』を与えてくれたように思います」と絶賛している。

■上白石萌音コメント
 瀬々監督をはじめ映画「楽園」を製作されたチームの皆さんが集まって、このミュージックビデオを作ってくださいました。映画の中でとても印象的だった場所を訪れることができて、とてもメモリアルで、光栄で、一生私の中に残る経験でもありました。

 ミュージックビデオを撮影しながら何度も「一縷」を聴きましたが、初めて聴いた時の心が震える感じや、初めて声に出して歌った時の感動が変わらないんですよね。(野田)洋次郎さんが「この映画の最後の小さな光になれるような、そんな曲にできたらいいね」そう願って書かれた言葉が持つ力や、音を聴いて琴線に触れる感じを、ずっと感じることができました。

 つらいことや理不尽なことがあっても、そよ風みたいに心を浄化してくれる曲だと思うので、ぜひ繰り返し聞いてそのメッセージを受け取ってください。そして大切大切に撮影しましたので、楽しんで観ていただけたらうれしいです。

■瀬々敬久コメント
 出だしの言葉の強さ、それを発する声、透明さの中にある決心のようなもの。初めて聴いた時、まずそこにグッときました。野田洋次郎さんと上白石萌音さんによるこの曲は映画に「希望」を与えてくれたように思います。でも、それはのっぴきならない場所から始まったのではないでしょうか。歌詞の中にある「荒野」、『楽園』というタイトルを考えた時、奇しくも浮かんだ言葉です。「荒野」と「楽園」は表裏一体。「楽園」は自分たちで作るしかない。優しいようでいて、切り拓こうとする魂、まさにそういう曲です。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事