西山茉希、うっかり離婚トークで自虐 芸能生活15年を思い涙「ヤバくないですか…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モデルでタレントの西山茉希(33)が10日、都内で台湾発のフェイスマスク『私のきれい日記』発売15周年記念イベントに参加。俳優の早乙女太一(28)と今年6月に離婚後、初の公の場に登場した。

【写真】西山茉希、愛娘2人の可愛らしい無邪気な姿を公開

 艶やかな花柄のワンピースで登場した西山は、台湾とのつながりについて話す場面では「まだ、独身のころに…」とうっかり発言。すぐに気づき「あっ、違う。なんか自分で欲しがってるみたいな感じになっちゃいますね(笑)。できるだけ、その会話を避けなきゃって思ったのに、自分から言っちゃった」と苦笑いを浮かべるばかりだった。

 芸能生活を支えた感謝したい存在について「家族」とした。少しだけザワザワした空気を察すると「ちょっと待ってください。いろんなことが頭の中に駆け巡ってますよね」とぶっちゃけながら「西山家です。私を産んでくれた両親と未だに支えてくれているお兄ちゃん、弟です」と笑顔で説明していた。

 トークコーナーではスカウトの思い出から、モデルとしてスターダムを駆け上がった『CanCam』時代について回想。そして、妊娠、出産なども経験した15年を振り返ると「やってきてよかったです」と話したところで、目から思わず熱いものがあふれ「東京が、こんなに好きになれると思っていなかった」と3年で地元の新潟に帰ろうと思っていた当時を思い返していた。ただ、カメラのフラッシュの量に赤面しながら「ヤバくないですか…。『あの涙の意味は』みたいになるんですよ、絶対!」と赤面していた。

 イベント終了は取材に応じた。囲み取材は約1年ぶりだそうで、報道陣から「いろいろありましたね」と声を掛けれると西山は「そうですね」と苦笑い。どんな1年だったか重ねられると「この1年は、変化で進化の1年でした。言わせたいことはわかりますよ(笑)」とにっこり。続けて「全て受け止めて今の自分がある。『15年で、コレが来たか!』みたいな感じではありますけど、自分らしく前見て進んだ方が早めにいい経験になる。作った家族は過去にならない。私らしく生きていこうと思います」と決意を改めて語った。

 また、早乙女が未だに同居しているという報道がある。自身の友人、2人の子どもの友だちが、よく集まる家らしく「3人だけで、というより誰かが混ざって過ごすことが多い環境」と明かし、そこに早乙女が交じるのか問われると「そうですね」と返答。質問を続けるのを遮るように深くうなずきながら、報道陣の方に西山がにじりよると笑いが発生。そのまま囲み取材は終了し「ありがとうございます」と笑顔を見せ、会場を後にした。

 イベントは商品と同じく今年、芸能生活15周年を迎えた西山がゲストとして登場し、15周年記念の「台湾阿里山マスク」が発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事