ジャンポケ太田・近藤千尋夫妻、“家事分担”で夫婦円満に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いトリオ・ジャングルポケットの太田博久と、モデルでタレントの近藤千尋が21日、イオンモール幕張新都心で行われた「いい夫婦の日」イベントに出席。夫婦円満の秘訣(ひけつ)を語った。

【写真】新婚当時と変わらぬラブラブっぷりを披露する太田夫婦

 「いい夫婦の日」(11月22日)を翌日にひかえ、台所用洗剤ブランド『ジョイ』が提唱する「家事分担をJOBからJOYへプロジェクト」をアピールするために行われた本イベント。まだまだ女性の負担が大きい家事を、男性もサポートすることで、家事だけでなく気持ちまで分け合えるような暮らしを呼びかけている。

 今年5月に第一子が誕生したばかりの太田夫妻だが、太田も積極的に家事協力を行っているようで、「僕ができることは、母乳をあげること以外は全部やろうと思って参加させてもらっています」と力強いコメント。近藤も「わたしの妊娠中から、この人はイクメンになるかもと思っていたけど、想像を超えるイクメンでした」と夫の家事参加を歓迎しているようだ。

 独身時代は「何もできなかったし、やろうという気もなかった」という太田だが、近藤の妊娠を機に家事を積極的に行うようになったという。「カップルから夫婦になるまでと違い、子どもを産んでからはガラリと関係性が変わりましたね。子どもが生後2ヵ月の時、わたしは全部を抱えてしまっていた。あの時は本当に爆発してしまいましたね」と近藤が振り返ると、太田も「男ってそんなつもりがなくても、ついついデリカシーのないことを言ってしまう。男として、いい意味で『俺も手伝うから』と言ってしまったんですけど、そこに『子育てはお母さんがやるもの』というニュアンスを感じさせてしまったようで、イラッとさせてしまった」と反省した様子をみせた。

 そこでお互いのコミュニケーション不足を感じたという太田夫妻。「もっとお互いを大切にしたいね」という思いもあり、積極的に話し合うようになったという。「イライラしている時って、ただ怒っているだけだと思われがちですけど、それ以前に本当のわたしの気持ちを分かってほしいということなんです。だからそれを話し合って理解することができてからは、今よりももっとラブラブになりました」と笑顔をみせる近藤。太田も「夫婦がしゃべらなくなると、どんどんしゃべらなくなる。子どもを介しての会話もあるけど、夫婦の会話も大事だなと思いましたね」としみじみ付け加えた。

 それだけに「家事分担をJOBからJOYへ」というキャッチフレーズには共感した様子の2人。太田も「最初の頃は、皿洗いも“やってあげている”という感覚があった。『俺、皿洗いやっているよ、見て!』という思いがあったけど、それはお互いにいい気持ちじゃない。これは僕ができる時にやればいい、これは俺がやるよ、という思いでいると、すごく潤滑にコミュニケーションがとれるようになりました。最近ではもっと頼ってほしいなという気持ちになっていますね」としみじみ。

 そして家事分担をすることによって、お互いの夫婦の時間を持てるようになったことも大きかったという。「一緒に家事をやっていて思うのは、キッチンに立ったり、洗濯物をたたみながらコミュニケーションがとれたりするようになったということ。今日、こんなことがあったんだよ、と話し合える時間が持てるようになった。2人なら家事も早く終わるし、いいことづくしだなと思いますね」という太田。「”家事分担をJOBからJOY”へという言葉は太田家の家訓にします!」と今回のイベント参加に思うところも多かったようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事