Juice=Juice宮本佳林、ハロプロ現役初のソロツアーで新曲7曲披露「もっと成長していきたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハロー!プロジェクトの8人組アイドルグループ・Juice=Juiceの宮本佳林(20)が17日、東京・青海のZepp Tokyoで自身初のソロツアー『宮本佳林 LIVE TOUR ~Karing~』をスタート。ソロ新曲7曲を含めて全21曲を披露し、満員の観客を熱狂させた。

【ライブ写真】初のソロツアーで後光がさす!?宮本佳林

 ハロプロ現役メンバーとしても初となるソロツアー初日。観客のペンライトで会場が一面メンバーカラーのブドウ色(薄紫)に染まるなか、バンドの生演奏とダンサーをバックにJuice=Juiceの楽曲をはじめ、NEXT YOU、演劇女子部、コピンク曲など、9歳でハロプロに加入した宮本のこれまでの道のりをたどる楽曲を、定評のある歌唱力と表現力で次々と披露していく。「手が震える震える。人がいっぱい!」と言いつつも「緊張はしてないんですよ。してなさすぎて怖いというか」とソロステージを楽しんだ。

 ソロ新曲も7曲披露。「このツアーのために、なんと書き下ろしていただいた曲があるんです」と告げ、期待のどよめきがあがるなか、凛とした魅力を押し出したロックナンバー「どうして僕らにはやる気がないのか」を初歌唱。同曲を18日に配信リリースすることも発表し、「これからももっともっと成長していきたいので、見守っていただきたいと思います。応援よろしくお願いいたします!」と呼びかけた。

 アンコールでは初のソロライブを振り返り「Juice=Juice 曲って、1人で歌うと歌いづらいんですよ。何人も入れ替わって歌うところを1人でやるから息がギリギリになるし、他のメンバーが歌ってるところはモノマネしちゃいそうになるんです」と明かすと、観客は一斉に関係者席でアピールするJuice=Juiceメンバーたちに注目。宮本は「そっち見ない~!」とすねて大盛り上がりとなった。

 同ツアーは23日に大阪・Zepp Namba、翌24日に愛知・Zepp Nagoyaでファイナルを迎える。Juice=Juiceは23日に「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」新ボーカルVerを追加収録したシングルをリリース。12月4日には同グループ初となる国立代々木競技場第一体育館で単独コンサートを開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事