マキタスポーツ、KOC王者のどぶろっくに賛辞 オトネタ大賞に「歌怪獣」島津亜矢が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントのマキタスポーツが18日、東京・新宿LOFTで『マキタスポーツのオトネタ大賞2019』を開催した。

【写真】メッセージの旗を背景に、マキタスポーツ&島津亜矢の2ショット

 同イベントでは、笑いと音楽を融合した「オトネタ」を提唱し、自身の活動の核に据えているマキタが、同じく「オトネタ」を展開していると推挙するアーティストや芸人を集め、さまざまな部門で賞を授与していく。

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』で12代目キングに輝いたどぶろっくは、オトネタ大賞の「ミュージカル部門」を受賞。優勝をたぐり寄せたネタを披露すると会場から歓声が上がった。

 マキタは「すごかったですね。あの下ネタで『キングオブコント』優勝したんですから」と笑顔を見せながら「お笑い第7世代が台頭している中で、ずっと、あの形でオトネタを続けてきたからこそだと思うから、拍手を送りたいです」としみじみ。「とにかく、すばらしかった」と賛辞を送った。

 そのほか、ベッド・イン、眉村ちあき、ポセイドン・石川、どぶろっく、新作のハーモニカ、DJやついいちろうといった多彩な顔ぶれがノミネート。マキタが「歌怪獣」と名付けた歌手の島津亜矢がサプライズゲストで登場すると、会場からどよめきが起こっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事