西田敏行“局長”『ナイトスクープ』11・22降板「明るく楽しく幸せな時間をありがとう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の西田敏行(71)が、局長(MC)を務めるレギュラー番組『探偵!ナイトスクープ』(ABC)の18日放送回で、11月22日をもって番組を降板することを発表した。

【写真】ワイルドさ漂う…黒のサングラスをかけて登場した西田敏行

 この日の番組のエンドロールが流れたあと、別室に場所を移したVTRで、探偵たちに囲まれた西田は「テレビを御覧の皆様にわたくし局長からお知らせしたいことがあります。2001年の1月から約19年間務めて参りました『探偵!ナイトスクープ』局長の職を、最終日の11月22日の放送を持って辞したいという風に考えております」と報告した。

 降板に至った理由については「11月22日の放送で詳しく申し上げたいと思います。ともかく、明るく楽しく幸せな時間をありがとうございました。このことだけは申し上げておきたいと思います」と明かし、探偵たちに「ありがとうね」と笑顔を見せた。

 同番組は1988年3月にスタート。視聴者からの依頼に探偵たちが解決していくバラエティーとして、関西地区だけではなく全国で人気を集めている。西田は初代局長の上岡龍太郎さんの後任として、2001年1月から2代目局長を務めてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事