博多華丸、個人事務所設立の加藤浩次の契約内容は「聞けない空気だった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビの博多華丸・大吉と千鳥のノブと大悟が19日、カンテレ・フジテレビ系の新バラエティー番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(29日スタート 毎週火曜 後10:00)の収録後に囲み取材に出席。番組に呼びたいゲストを聞かれ、ノブが「加藤浩次さん。エージェント契約について聞きたい」と答えると、華丸は「この前番組で会ったけど、聞けない空気だった。それ以外の話でいこうと周りが一致団結してました。俺は聞けなかった」と明かした。

【写真】個人事務所の設立を明かす加藤浩次

 加藤をめぐっては、今年7月22日に「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」などと発言しており、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判。そして、今月1日に吉本興業とエージェント契約を交わし、個人事務所「有限会社加藤タクシー」を設立したことを明かしていた。

 ノブは「僕らは女優さんとか俳優さんとかなかなか会えないんですけど、この番組には来てくれるからうれしい」と話すも、「でも、1番聞きたいのは加藤さん。あの形は芸能界初じゃないですか? とても興味深いです」と補足した。

 また、同番組内では千鳥がいつもの立ち位置とは逆で左にノブ、右に大悟が座る形に。ノブは「華丸さん、大吉さんと僕の3ショットで好感度アップを狙っているんじゃないですか」とニヤリ。これに大悟は「え? 俺、切られてないかオンエア見てチェックするわ」と慌てる様子も見せていた。

 やりたいロケについて聞かれた大吉は「まだ始まったばかりで、出てくれるゲストの方がすごくポテンシャル高いので。僕らはリアクターになっているだけです」と笑い、「いよいよ(番組が)やばいとなったら街ブラロケでもやりますか。僕らが福岡で千鳥が岡山で。町に出始めたら危険信号と思ってください」と笑わせた。

 同番組は、MCを担当する博多華丸・大吉と千鳥によるトークバラエティーで、ゲストから誰かに話したくなるようなテッパン(絶対に面白い)話を聞き出す。初回ゲストの女優・吉田羊がテッパンモノマネを披露する場面には、4人も驚きの反応を見せる。ほかには、伊集院光、パンサーの尾形貴弘らがテッパンネタを持ち寄る。さらに、ロケゲストにはDA PUMPが登場。カラオケ店でISSAが代表曲「if…」を熱唱する中、DA PUMPのテッパン話を聞き出すべく、大吉とノブがトークで切り込んでいく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事