佐藤勝利、主演映画の現場仕切れず照れ 高橋海人の暴露に自虐「盛り上げていない…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・Sexy Zoneの佐藤勝利、King & Princeの高橋海人が22日、都内で行われた映画『ブラック校則』完成披露試写会舞台あいさつに登場した。

【写真】佐藤勝利&高橋海人&田中樹の3ショット

 同映画は、「男女は1メートル以上離れる」「下着は白のみ着用可」「ペットボトルの持ち込み禁止」など、生徒を必要以上に縛り付ける理不尽な校則をテーマに、“ブラック校則”と戦う高校生の姿を描いた恋と友情、笑って泣ける青春ストーリー。

 校則に立ち向かう主人公・創楽(そら)役を映画単独初主演となる佐藤は「この作品は、すごく社会的なメッセージが入っていて、理不尽なことが描かれている」とアピールしながら「映画の見どころを聞かれてもすごく難しくて、感じたまま受け取ってもらえればそれでいいと言いますか…。テレビっぽくコメントも言えないと思うし、すごく余白のある映画でいろんな想像をして受け取ってほしい」と緊張気味に主演としての悩みを語った。

 親友・中弥役を務める高橋は「この作品に入る前に2人で決起集会をしました。その時に心に残ったのが『とりあえず海人はこの作品を楽しんでもらえればいいから。主演が俺だから、現場作りは俺がするから』」と、佐藤が現場へ意気込む姿を絶賛。

 さらに「頼りになる方」と称した上で「楽屋の入り口を開けたら、勝利君が楽屋の一番端っこでこじんまりと台本を読んでいるんですよ。それを見て、めちゃめちゃかわいいと思いました」と褒めているのかイジっているのか不明な珍回答をすると、佐藤は「言っていることと違うけどな! 全然、仕切れてない、盛り上げていないもんな…」とツッコミを入れつつも、現場を仕切れなかったことを暴露されて照れていた。

 この日は、モトーラ世理奈、SixTONESの田中樹、箭内夢菜、堀田真由、菅原伸太郎監督も登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事