中村泰士、アンチエイジング賞で笑顔 健康の秘訣は「健康やからわからん!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作詞作曲家で歌手の中村泰士(80)が26日、都内で開催された『A4M JAPANアンチエイジングアワード2019』の授賞式に出席。傘寿を迎えても『健康長寿を具現化する精力的な活動』が認められての大賞受賞に、「自分としては日本一のきれいなジジイと認めてもらったと思って、光栄です。これから年寄りの鑑になって一生懸命生きたいと思います」と笑顔で語った。

【ステージ写真】傘寿とは思えぬ歌声を披露した中村泰士

 受賞記念のステージでは、自身の作曲で1972年にちあきなおみが日本レコード大賞を受賞した楽曲「喝采」と令和を記念して作詞作曲、今月15日に発売したインディーズ盤に収録した新曲「新時代」の2曲を披露。会場の大きな拍手を受けた。

 昨年10月のステージで80歳になるのを記念して、今年末までに80ステージに立つことを公約。無事に完遂できる見込みで、12月23日の大阪市内で“公約達成記念ライブ”を開く予定。健康長寿の秘訣を問われると「健康やからそれがわからん。けど、やっぱり歌うことかな」ときっぱり。今でも自宅で時間があれば、ギターを手に新しい曲をつくり続けているという。

 今後の目標については「だんだん歌がうまくなってきた。来年あたりレコード大賞最優秀歌唱賞とか狙いたい」とニヤリ。趣味のゴルフでのエイジシュートの達成や「まだ世に出てないけど、きのうから新しい小説も書き始めた」と新たな野望も明かしていた

 また、同賞の奨励賞には高跳びのパラリンピアン鈴木徹選手が選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事