嵐が歌った奉祝曲タイトル発表「Ray of Water」 3部構成の組曲「水」テーマに君や自然強調【歌詞掲載】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』が9日、皇居前広場で行われ、奉祝曲「Ray of Water」が披露された。作編曲家・菅野よう子氏が作曲した同曲は3部構成、約13分の組曲で、天皇陛下の長年の研究分野である「水」をテーマにした。各楽章タイトルも明かされ、オーケストラ演奏の第一楽章が「海神」、辻井伸行氏がピアノ演奏で加わった第二楽章が「虹の子ども」、脚本家・岡田惠和氏が作詞を手がけた第三楽章が「Journey to Harmony」で、これを人気グループ・嵐が熱唱した。

【動画】嵐、奉祝曲を約3万人の前で披露

 国民祭典のコンセプトは、新しい時代に向け陛下が常に祈念している世界平和、その根源となる「水」、人と人との「絆」。さらに、次世代を担う子どもたちの元気な姿を舞台上で表現し、会場の参加者全員が一体となって、国民とともに歩まれる陛下を寿ぎ、その凛々しい姿を国内外に発信していくもので、コンセプト通り、奉祝曲「Ray of Water」のタイトルに「水」が含まれた。

 第三楽章「Journey to Harmony」は、歌詞に「君」の言葉が多く使われており、同時に「岩」「水」「花」「大河」「しずく」「雨」「空」「海」など自然を強調している内容となって、滑らかでゆったりとしたメロディーにあわせて嵐によって歌い上げられた。

 『国民祭典』は2部構成で、午後1時から第1部「奉祝まつり」として皇居外苑と内堀通りにて奉祝パレード(郷土芸能、音楽隊)、奉祝神輿(みこし)などがスタート。午後5時10分からの第2部「祝賀式典」が皇居前広場などで催され、式典の司会は俳優の谷原章介とフリーアナウンサーの有働由美子が担当。歌舞伎役者の松本白鸚や女優の芦田愛菜がお祝いのメッセージを述べた。

■奉祝曲 組曲「Ray of Water」

 ~天皇陛下御即位奉祝曲~
第三楽章「Journey to Harmony」歌詞

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 今を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

はじめはどこかの 岩かげにしたたり 落ちたひとしずくの 水が平野流れ
やがて研ぎ澄まされ 君をうるおし 鳥たちをはぐくみ 花たちとたわむれ
あの大河だって はじめはひとしずく 僕らの幸せも 大河にすればいい

ごらんよ 僕らは 君の そばにいる

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 今を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

星明りにじんで ふと立ち止まったら 雨の匂いのなかに 虹のうたを聴こう
かすかなそのうた まるでひとしずく 静かにつながって 確かにつながって
青い空の下 夢など語りあう 愛とか語りあう それが僕の願い

ごらんよ 光は 君と ともにいる

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 時代(とき)を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 今を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

大丈夫 鳥は 歌っている 大丈夫 空は 輝いてる
大丈夫 水は 流れている 大丈夫 海は 光っている
大丈夫 君と 笑ってゆく 大丈夫 君と 歩いてゆこう

●奉祝曲関係者のメッセージ(令和元年9月24日発表分)

「奉祝曲の作詞という、大変光栄な仕事をさせていただきました。あまり堅苦しくなく、皇室とともに新しい時代を生きるすべての人、あらゆる世代の人に口ずさんでいただけるようになったらとの思いで、菅野さんのステキなメロディの上に言葉を紡がせていただきました。嵐の皆さんが歌ってくださることもとても幸せです。素敵な歌がお届けできると確信しております。」
作詞 岡田惠和

「御即位を謹んでお祝い申し上げます。
平和な時代にハーモニーを奏でられる幸せを感じながら、
一音ずつ大切に紡ぎたいと思います。」
作曲 菅野よう子

「御即位を謹んでお祝い申し上げます。
お祝いの演奏を心を込めて演奏いたします。
令和を代表するピアニストとして、世界中のみなさんに、
音楽の素晴らしさを伝え続けて行きたいと思います。」
ピアノ 辻井伸行

「一人でも多くの方をほんの少しでも笑顔にすることが出来たら。
ただただその想いのみで、エンターテイメントを追い求めてきただけのグループです。
そんな私たちにとって、大変畏れ多く、身に余るお話。
国民に寄り添い、想いを寄せておられる陛下に、日々の感謝の重いをお伝えし、お祝いの会に少しでも華を添えられますよう、心を込めて精一杯パフォーマンスしたいと思います」
櫻井翔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事